こだわりの家造り2

こだわりの家造り

「確かな構造体」かけがえのない家族と財産を守る。

高強度・高品質の確かな構造体にこだわります。

「強さ」と「しなやかさ」をとことん追究した理想の構造材「JWOOD LVL」。
安定した性能を長時間維持が可能で、これまでの木造住宅にはない
「強靱」で「精巧」な高レベルの住宅を提供いたします。

JWOODとムク材の違い

地震に強い家

耐震性の向上には、構造のバランスが重要!

構造躯体に掛る荷重は、躯体の弱い部分に集中する傾向があります。
JWOOD LVLは、従来の製材品に比べ1.5倍の強度を誇り一本一本の強度が安定した構造材です。
厚み4mmにスライスされた単板は、1枚ごとに単板の性能を測定し、製造する材の性能に合わせて単板を選定します。

幅105mmの梁材の場合、27枚もの単板を積層接着するため個々の単板の性能が平均化され、
バラツキの少ない安定した性能を発揮する材料を作ることが出来ます。

大東住宅では、繰り返しくる余震こそ力を発揮する
制振装置(ミライエ)を標準装備しています。
問題は、余震です。

2000年に施行された新しい耐震基準の住宅は、震度6強クラスの大きな地震でも、1回では倒壊しないように
設計されています。しかし、この耐震基準は、本震から住宅を守る事を想定しており、その後の余震までは
考慮されていません。

耐震性能に安心をプラス、「制震」という提案。
ミライエの4つの特長

※1. 実大振動台実験の結果による(BSL波[建築基準で想定される大地震]および、
   JMA神戸NS波[阪神・淡路大震災源波]を使用)
※2. 荷重劣化試験の結果による

長持ちする家

防蟻・防腐性能に優れたJWOOD EX

繰り返される厳しい四季の環境変化、知らず知らずのうちに住宅を蝕むシロアリの被害に対しても
高い性能を発揮するJWOOD EX材を使用した住宅ならば、世代を超える持続可能性をプラスできます。

省エネに最適な家

JWOOD LVLは狂いが少ない!

JWOOD LVLは完全乾燥材、単板積層材という特長から木材の収縮による金物の緩みが起こりにくい材料です。
また、動きにくいという特性から、面材と構造材に隙間が起きにくく断熱性能に不可欠な気密を確保しやすい材料です。
結果的に経済的にもエコノミーな暮らしを可能にしてくれます。

JWOOD LVLは「健康な家造り」にも配慮。
F☆☆☆☆の安全性。

完成した家では目に見えない構造材も、シックハウスの原因物質となるホルムアルデヒドの放散量が
最も少ない最高レベルのF☆☆☆☆を全ての材で取得しています。

エコな家

地球環境にやさしい確かな構造体にこだわります。

国内では平成13年4月施行の「グリーン購入法」に続き、平成18年4月より違法伐採への対策として「木材・木材製品は”合法性”と”継続可能性”が証明されたものを購入しなければならない」という措置を導入しています。
森林管理認証を取得した森林から適正の木材を伐採することが、限りある資源の有効利用に繋がります。




Access 11,429,127pv (2012.11.12〜) Today 6,795pv Yesterday 10,698pv Contents 11,909pages