記事詳細ページ

外断熱が家族を守る〇 結露は欠陥ではない?

外断熱が家族を守る〇 結露は欠陥ではない?:画像

築年数の経過した既存の住宅のみならず、現在建てられている新築住宅においても、結露に悩んでいるお客様は非常に多く、残念でなりません。

そして、依頼先に連絡を入れても、基礎や木材からの水分蒸発や、室内の洗濯物や加湿器、換気や暖房方法などのせいにされ、根本的な解決のないまま、放置されているケースが多いようです。

しかし、考えなければならないのは、新築当初、結露が表面化するのは、文字どうり目に見えるガラスやサッシ枠・玄関ドアの表面部分で、表面結露が発生しているということは、内部結露が発生している可能性も十分に考えられるということです。

そして、内部結露による住宅被害が、表面化するのは先のことだということを正しく認識し、注意しなければなりません。

住宅瑕疵担保履行法の制定により、建築業者には10年の瑕疵担保の責任があり、保険加入も義務化となりました。

しかし、雨漏りならいざ知らず、結露による住宅被害は、基本的に保険対象外となるので十分に注意しなければなりません。

結露被害は、冷暖房の方法や換気・加湿など、ユーザーの住まい方とも関連性がある為に、なかなか造り手側の瑕疵・すなわち欠陥住宅とはならないのが現実で、結局泣きを見るのは消費者となるのが現実なのです。

長期優良住宅制度による住宅性能表示でも、気密や断熱・換気など、防露に関する基準は地域ごとに設けられてはおりますが、肝心な気密については、基準がないのが現状で、あたかも結露はある意味防ぎようがないかのごとく、構造の劣化対策として薬剤処理された防腐木材を使用することで、最高等級となってしまいます。

つまり、多くの建築業者は、たとえ内部結露が発生しても腐りにくい家づくりを、推進しているといっても過言ではなく、薬剤によって、どの程度の結露なら被害が生じないのか、防腐効果がいつまで保たれるのか、効果がなくなった場合はどうするのか、実際は誰もわからないと言えるのです。

表向きは、住宅の耐久性が向上したということで、木造でも長期の住宅ローンの借り入れが可能となった今、多くのお客様が35年の住宅ローンを利用し、マイホームを取得するわけですが、ローンの完済前に家が結露によって腐れるというような悲劇は、決してあってはならないのです。










?

2016.02.03:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 12,080,432pv (2012.11.12〜) Today 1,848pv Yesterday 9,898pv Contents 12,299pages