記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇 換気の必要性

外断熱が家族を守る 〇 換気の必要性:画像

高気密・高断熱そして、24時間計画換気という名称を聞いただけで、息苦しくて、機械的なイメージを持たれ、拒否反応を示す方がいらっしゃいます。

陽当たりが良くて、風通しのいい家の方が、ある意味自然ですし、一般のユーザーの皆様がこうした思いを抱くのはごく当然のことと思います。

年配の方に多いのですが、建築業界にさえ未だこうした考えを持っている方がいらっしゃるのも事実なのです。

しかし、大変失礼かとは思いますが、こうした建築のプロの方々は、従来の隙間が多い家にお住まいか、もしくは高気密・高断熱もどきの家に住んでいるお知り合いの方から、暖かくないとか光熱費がかかるといった不満をお聞きになっているのではないでしょうか。

おそらくは、本物の高気密・高断熱住宅の快適さを体感していないだけで、暮らしが一変するような快適さを実感すれば、そうした考え方は180℃変わることと思います。

日本の家づくりのあり方を一日も早く変えていく為にも、住み心地と家の耐久性を左右する温熱環境や空気環境にも目を向け、気密や断熱に対する考え方をスイッチしていただきたいと心から願っているところでございます。

※ 私自身も、恥ずかしながら20数年前までは、気密なんてそこそこでいい。自然換気が一番なんて言ってました~(笑)

ご理解いただきたいのは、換気システムを付けたからといって、窓を閉めっぱなしにしなければならないということではありません。

何といっても、換気の王様は窓開け換気です。

四季を通じて人が心地よさを感じられる状態の時には、窓を全開にして開放的な暮らしをしたいものです。

実際に、昔の日本では家の中に誰も居なくても平気で窓を全開していたお宅はけっこうありました。

しかし、何かと不用心な現代において、たとえ在宅時にでさえ、気軽に窓を開けられなくなってきているのが現実ではないでしょうか。

しかも、窓開け換気は非常に気まぐれで、日本の気候を考えた場合、天気が良くても風が強かったり、風がほどよくても雨が降っていたりと、気象条件は変化し、人が心地よく感じられる日数や時間帯は全体の1割程度しかなく、ホコリや虫などの侵入や、共働きなどで日中も不在になりがちな生活環境の中で、室内の空気を常に新鮮な状態に保つには、窓開け換気は不向きになってきたのです。

また、花粉や黄砂、最近話題となっているPM2.5の問題もあり、これらの物質を除去した上で綺麗な空気を取り入れる事も必要な時代になってきているのではないでしょうか。

人間が一日で摂取する物質で、家庭内の空気は実に57%にもなるのです。

小さなお子さんやお年寄りはもっと多くの割合で、室内空気を取り入れて暮らしているのです。

目にはみえませんが、家庭内の空気にはおびただしい程の有害な物質が含まれており、これらをなくすことは、現実には不可能です。

ドラッグストアにいくと、様々な消臭剤や芳香剤・防カビ材などが所せましと陳列されています。

これらを使用しても、匂いの元やカビの原因を除去する事は出来ないのです。

日々の生活の中で、綺麗な空気に満たされて暮らすことは、様々なストレスを解消し元気に明るく暮らす源になるのです。

大切なご家族の健康を守る第一歩として、換気計画を考えていただきたいと思います。

※ こうした話をすると、家は隙間で自然換気が働くから大丈夫という方もいらっしゃいます。
前項で、隙間(漏気)による自然換気量について説明させていただきましたが、隙間換気は室内外の温度差が大きいと換気の作用が働きますが、温度差がないと窓を開けても空気は動かず、ほとんど換気の作用は働きません。つまり、自然換気が作用するのは、基本的には冬期間や春・秋の外気温が下がった夜間に限られるということもご理解下さい。

2016.02.21:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 11,161,298pv (2012.11.12〜) Today 945pv Yesterday 3,560pv Contents 11,769pages