記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇 大切なパートナー選び

外断熱が家族を守る 〇 大切なパートナー選び:画像

家造りを成功させるために重要な要素は多々ありますが、一番大切なことは良きパートナー選びになると思います。

なぜならば、家造りはご家族の幸福を実現するための城づくりであり、やり直しの利かない一生一代の大事業であるからです。

しかも完成して終わりではなく、アフターサービスや暮らし方のアドバイスなども含め、その後の対応が非常に大事であり、何十年経っても心から良かったと思える家でなければいい家づくりとは言えないからです。

そう考えると家造りと結婚生活も非常に相通ずるものがあるのではないでしょうか?

家造りにおいても結婚生活においても、良きパートナー選びが非常に大切な事です。

それでは良きパートナーを選ぶにはどうしたらいいでしょう?

見た目のデザインやインテリア・表面的な価格・営業マンの巧みなセールストークに惑わされることなく、中身をしっかりと見極めなければならないのです。

住宅関連の情報誌などを見ると、よく掲載されているのが新築されたお客様がなぜそのハウスメーカーを選んだか?という調査項目です。

その中で、毎年上位にランクインするのが、営業担当者の対応が良かったという項目です。

家造りにおいて、営業担当者の果たす役割は非常に大きく、営業担当者の対応の重要性を比定する訳ではありませんが、現場を管理するのも、家を造るのも営業マンではないということも理解しておかねばなりません。

契約するまでは、足繁く通い一生懸命だった営業担当者が、契約後はこなくなり対応が悪くなったとか、家の完成前に転職したり、口頭で約束したのサービス工事が履行されなかったりということは、建築業界ではよく聞く話なのです。

誠実さや礼儀正しさ・予算内の提案・住宅ローンのアドバイス・税金や諸経費の説明・どれも大事な要素ではありますが、建築中の現場や完成現場・入居者の住まい・会社の雰囲気や経営者の考え方にいたるまでじっくり見極めた上での検討が非常に重要なのです。

逆に選んではいけないパートナーは、そうしたことに時間を取られるのを嫌い、キャンペーンや値引き・サービスなど、「今月までに契約していただいた方には」との常套文句で、あの手この手を使って早期の契約を迫ってくるようなハウスメーカーであり営業担当者です。

もちろんピピッーとくるような運命的な出会いも、結婚同様あるのは否定はしませんが、残念ながら長続きしないケースがままあるのは皆さんも承知のとおりです。

建売やマンション選びとは違い、注文住宅は建てるもので買うものではないのです。

やり直しは利かないということを念頭において、間違いのないパートナー選びをしなければならないのです。

2016.03.10:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 10,713,852pv (2012.11.12〜) Today 1,748pv Yesterday 7,186pv Contents 11,901pages