記事詳細ページ

私の家もソーラーサーキット 〇壁の中にも新鮮な空気を

私の家もソーラーサーキット 〇壁の中にも新鮮な空気を:画像

私の家では、例年GWあたりをめどに、ダンパーを開放しています。

暖かい家から爽やかな家へ

季節にあわせて衣替えのできるこの開閉の技術は、ソーラーサーキットの家の最大のメリットでもあります。

床下ダンパーを開放し・小屋裏ファンのスイッチをONにして、床下や壁の中に空気を通してあげて下さい。

家と住む人の健康をいつまでも守るためにも、これまで閉鎖されていたダンパーを開放して、構造部分にも爽やかな空気を送り込み深呼吸をさせてあげるのです。

何度も説明しておりますが、これは、押入れにしまっておいた布団を外に干す感覚で捉えていただけるとわかりやすいと思います。

今、壁の中にも空気が流れていると思うと何とも言えない爽快感が味わえることでしょう。

また、朝の最低気温が15度以上になりましたら、常時開放でもOKですが、15度を下回ると肌寒く感じる場合がございますので、そのような時はお手数ですがダンパーの閉鎖をお願いいたします。

※ SC ナビゲーションを設置すると、外気温度の変化により自動で開閉しますのでとても便利です。

何か所も開け閉めするのが、面倒という方はとりあえず2.3か所でもOKです。

この一年で一番気持ちのいい時期はあっという間に終わってしまいます。

梅雨に入るまで、しばしパッシブな暮らしをお楽しみ下さい。

また、窓は明けてもいいんですか?というご質問を時折いただきますが、窓を開けて人が心地よいと感じる時は、四季を問わずどうぞご自由に窓を開けて下さい。

窓明け換気は何と言っても、換気の王様です。外の温度・湿度・雨・風の状況を考慮の上、上手にご活用ください。

ソーラーサーキットの家では、自然の力を活用するとともに、自然と仲良く暮らす事も快適に過ごすための大きなポイントです。

2016.03.30:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 10,873,384pv (2012.11.12〜) Today 981pv Yesterday 4,915pv Contents 11,682pages