記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇違いのわかる夏

外断熱が家族を守る 〇違いのわかる夏:画像

我が家では、家族も多く、暑がりも多いため基本的に、暑い夏場はエアコンは常時稼働させております。

運転モードは、室内と室外の温湿状況によって、除湿運転にしたり、27℃〜28℃に温度設定をした冷房運転(微風)にしたり使い分けしています。

ここで、理解していただきたいのは、24時間連続運転の場合は、ダンパーは閉鎖したほうが効率的ではという話ですが、効率的なのは26℃以下に冷やしたい場合で、27℃〜28℃位の温度設定であればほとんど違いはありません。

※ 熱ごもりの少ないソーラーサーキットの家は、壁の中の温度も27.8℃ですので、輻射熱の影響を受けないため、体感温度と室内温度の差はほとんどございません。つまり26℃以下の温度設定は、逆に寒さを感じます。

なぜならばソーラーサーキットの家の場合、インナーサーキットの効果によって、壁体内の温度も28℃前後の状態を保つので、エアコンの設定温度が同等であれば開けようが閉めようが基本的に変わらなくなるのです。

尚、我が家の場合は、一応モデルハウスとしても公開しているので、お客様が突然いらっしゃっても、最高の状態でお迎えできるよう、省エネを意識しながらも、常時エアコンを稼働させておりますのでご理解のほどお願い申し上げます。

※ 連続運転といっても、エコ運転ですので、エアコンの風はほとんど感じず室温が上昇した時だけ緩やかに運転するだけですので、エアコンが苦手な方でも気になりません。

しかし、ソーラーサーキットに住むお客様は、暑い時だけ、除湿にしたりエアコンをつけるというお客様がほとんどで、皆さん扇風機を上手に使っていらっしゃいます。

いずれにしても、重要なポイントは朝の出だしの室内温度と日射の遮蔽です。

ソーラーサーキット専用のSC−SY換気システムは四季対応型になっており、外気温が下がる夜間には、熱交換せずにそのままの外気温の空気を室内に取り入れますので、夜間の内に自然に室温を下げる効果をもたらします。

さらにインナーサーキットの働きによって、涼しい空気を構造の中に取り込み、小屋裏ファンから熱気を排出してますので、日中に熱せられた建物自体を冷やしてくれるので、ダブルの効果が発揮されるのです。

この室内の換気と構造内の通気という、ソーラーサーキットのもつ独自の働きによって、夜間に窓を全開していたかのような効果が発揮され、爽快と感じる最高の朝を迎えてくれるのです。

「違いのわかる夏」というのは、ソーラーサーキットの夏のキャッチコピーですが、ここが他の高気密・高断熱住宅との大きな違いなのです。

国内のほとんどの高気密・高断熱の建物は、その断熱性能が高ければ高いほど、熱ごもりによって、室内の温度は上昇し、建物も熱せられたままとなり、人間でいえば、夏でもオーバーを着込んだかのような状態となるのです。

夏も涼しいというのは、保冷バッグに氷をいれなければ冷たくないのと同じ理屈で、エアコンを常時付けていれば涼しさを保てますが、エアコンがなければかなり暑さを強いられた生活を送らなければなりません。

そして、熱ごもりによって壁の中や小屋裏は、相当な高温状態になることで、輻射熱により体感温度も高めとなり、エアコンへの負荷も大きく、電気料金の負担も増加するということをご理解いただきたいと思います。

住んでいない方には、なかなか信じていただけないのですが、宮城に建つソーラーサーキットの朝の室内温度は26℃台・湿度が60%台というのが、通常の温湿状態となります。

まさに理想的といえる朝の環境となりますので、日中の開口部からの日射や窓明けによる熱気・照明その他の生活熱を抑えることで、外気温が30℃を超えても、日中の室温は28℃〜29℃の範囲で収まるのです。

だからこそ、ソーラーサーキットに住むお客様は、暑い夏でも扇風機で快適な暮らしを送っていらっしゃるのです。

もちろん、暑さの感覚は人それぞれですので、暑く感じる時は我慢することなく、エアコンをつけていただきたいと思いますし、この辺の調整はそれぞれの暮らしにあった使い方をしていただきたいと思います。

また、参考までに付け加えれば、本来は朝晩の窓明けも有効な手段ではありますが、朝も7時を過ぎると気温が25℃をゆうに超える場合も多いこの時期は、わざわざ熱気を取り入れることになり、逆効果になる場合も少なくありません。

窓開けは、第一章でも説明させていただきましたが、風が強かったり、風がほどよくても雨が降っていたりと、非常に気まぐれで、花粉やホコリ・虫などの侵入もあり、現代の生活には何かと不向きになってきた側面もあるのです。

我が家の、女性軍も家を建てる前は窓開けが日課で、窓開けて窓開けてとしつこいくらいでしたが、ソーラーサーキットの家に住んでからは、夏はもちろんのこと、一年を通してほとんど窓は開けなくなりました。

そして、一番に気をつけたいのが日射による熱の侵入です。

遮熱タイプのトリプルLow−Eガラスを組み込んだ高性能な樹脂サッシを使用しておりますが、強い日差しは、大分室温に影響しますのでご注意下さい。

この時期は、朝日や西日に要注意で、特に西に面した寝室などは、カーテンもせずにそのままにしていると、かなり室温も上昇します。暗くして過ごして下さいとは申しませんが、日が当たっているときはカーテンやすだれなどを上手に活用すると大分室温の上昇が抑えられます。

※ カーテンなど室内側で日射を遮蔽するよりも、外側で遮蔽するほうが断然効果は、高くなります。

この時期の室内温度の上昇は、ほとんどが日射と生活熱(人の発する熱も含め)です。ちなみに誰も生活をしていないソーラーサーキットの家は、、しっかり日射を遮りさえすれば、外が30℃を超えようとも、室内は何もしなくても27℃前後を常時保ちます。

夏場の弊社の建築現場がビックリするくらい涼しいのはこうした理由です。

自然のエネルギーを活用し、夏も爽やかにするソーラーサーキットの家は、四季を通して省エネで快適な暮らしを実現に住む人と建物の健康を守る理想の住まいなのです。



2016.03.31:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 10,873,417pv (2012.11.12〜) Today 1,014pv Yesterday 4,915pv Contents 11,682pages