記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇 床下も有効利用

外断熱が家族を守る 〇 床下も有効利用:画像

床下の利用についてもご説明させていただきます。

弊社では、ご存知の方も多いと思いますが、床下の有効利用の施工例として利府・名取のモデルハウスに地下スペースを設置しています。

本来、床下は、じめじめして湿気っぽいとか、カビ臭いイメージがあろうかとおもいますが、モデルハウスの床下環境は、一年を通して快適な空間となります。

こうした床下の状況をお客様にご確認いただくことで、なぜ私達の造る外断熱の家が、住む人と建物の健康をいつまでも守るのかということをご理解いただくためにスペースを確保させていただいているのですが、モデルハウスをご見学いただき、床下に地下スペースを設けられたお客様はこれまで25件を数えます。

 

手前味噌となりますが、おそらく、一般住宅において地下室の施工実績は、宮城県ならずとも全国でもトップクラスではないかと思います。

地下室の工事は、断熱はもちろん、地盤や地下水・結露対策など、クリアしなければならない問題と施工技術の蓄積と数多くのノウハウが必要であり、全てのお客様にお薦め出来ない部分もございますが、条件さえ整えば、10畳(5坪)ほどの広さであれば、250万から300万の費用で設置が可能となります。

採用いただいたお客様は、敷地にあまり余裕がなく駐車スペースを2.3台確保すると物置すら、置くのが大変という方が多く、非常に喜んでいただいており、中にはセカンドリビングやシアタールームなどに活用しているお客様もいらっしゃいます。

また、スキップフロアにして、リビングやキッチン、和室部分の一部を半地下にしての床下利用や、大型の床下収納を設置したり、複数設けたり出来るのも、外断熱ならではの大きなメリットといえるでしょう。





2016.02.26:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 10,719,295pv (2012.11.12〜) Today 7,191pv Yesterday 7,186pv Contents 11,903pages