記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇 一番大事なのは構造材

外断熱が家族を守る 〇 一番大事なのは構造材:画像

外断熱において、一番大事なポイントは何といっても構造材の選択になるのではないかと思います。

震災時の状況やモデルハウスの解体結果をみてもわかるとおり、その驚異的ともいえる耐震性の背景には、LVL構造材と構造金物を組み合わせた強固な躯体と経年変化に強い性能の保持力が存分に発揮されたものだと確信しています。

一口に構造材といっても、様々な種類がありますが、高気密・高断熱に絶対に欠かすことのできない構造材としての条件があります。

それは、木が乾燥し、収縮することで生じる「くるい」です。

木にはもともと含んでいる水分があるために、乾燥がすすむとやせる・反る・割れるといった性質があるのはおわかりになるでしょう。

現在の技術では、無垢材の場合18%から20%・集成材でも15%位が含水率を下げる限度であり、新築後に乾燥することで、必然的にくるいが生じてしまいます。

外断熱による、レベルの高い高気密・高断熱の住宅では、小さなエネルギーでも全室暖房を可能にし、壁の中に断熱材も入らないために木材は常に空気に触れているのです。

平衡含水率はおよそ15%といわれておりますが、高気密・高断熱住宅の場合、レベルが高ければ高いほど、乾燥する度合いが大きく、含水率は建築後わずかの間に10%位に下がってしまう場合があります。

水分が抜ければ、木材が縮むのは当然で、4寸角の柱の場合、最低でも3ミリから5ミリ程やせてしまうのです。

こうしたくるいは、これまでの建物であればそれほど問題はありませんでしたが、高気密・高断熱住宅では、気密の劣化や断熱の欠損・外壁の支持力の低下にともなう耐震性の問題など、様々な支障をきたす可能性があり、当初の住宅性能が大きく損なわれる危険性があるのです。

私達のそうした懸念を払拭したのが、含水率8%から10%という完全乾燥材LV L構造材なのです。

LV Lは、ニュージーパインの原木を大根の桂剥きの要領で切削し、一枚一枚をしっかり乾燥させ一枚ごとに強度を測定し、基準を満たした材料だけを積層接着することで、一本一本バラツキのない安定した強度を発揮する理想的なエンジニアリングウッドといえます。

LVLの強度は、ヤング係数や曲げ強度・圧縮・引っ張り・せん断どれをとっても他の木材と比べ非常に強く、これらの性能が乾燥材ゆえに長期間にわたり保持されるのが最大の利点です。

さらに見逃せないのが釘の保持力で、引き抜き抵抗は非常に強く、耐震性の要ともいえる耐力壁と構造材の緊結に抜群の力を発揮するのです。

そして、外断熱にとって肝心な断熱材の躯体との緊結力にも大変優れているために、壁の耐力が増して、東日本大震災でも驚異の耐震性が発揮されたのです。

LVLは、四季の変化が激しく高温多湿という日本独特の気候にも左右されず、長期にわたりその強度や寸法は維持されることで、長寿命住宅の構造材として安心してお使いいただける構造材なのです。

また通常の木造在来工法で、一番の弱点とされる柱と梁の接合部には、木材の欠きこみによる断面欠損を最小限に抑え、専用のJK金物などを使用することで、従来の約1.5倍の強度を発揮します。

基礎と柱が接合する主要部には、基礎に埋め込んだアンカーボルトに専用金物を取り付け、柱に直接固定するため、地震時の引張力にもしっかり耐えて柱は抜けないのです。

※専用の接合金物(JK金物・テックワン金物)は他のメッキに比べ非常に錆びにくい処理を施しております。接合金物には、耐蝕性にすぐれたメッキ防錆処理であるストロンジンクJコート処理(メッキはストロンジンク、後処理は有色または黒色クロメート)を使用しております。塩水噴霧による耐久試験では、亜鉛メッキが500時間前後で赤錆が発生したのに対し、ストロンジンクJコート処理は2,000時間にわたる塩水噴霧にも赤錆が発生せず、すぐれた防錆力が実証されておりますので、沿岸にお住いのお客様にも安心してお使いいただけます。

  

この構造材は、広島に本社のある螢Ε奪疋錺鵑箸いΨ材メーカーが製造・販売しており、構造材や専用金物も含めた工法をJWOOD工法・構造材をJWOOD・LVLと呼び、弊社の構造材として約18年前から標準採用しています。

LVL構造材は、コスト面からいっても無垢材や集成材よりも高価で、お客様が受けるイメージも無機質なイメージが強く、当初採用するには大きな抵抗がありました。

しかし、「いつまでも強く、いつまでも快適に」という弊社の家造りのコンセプトを実現するためには、ベースとなる構造材の性能の高さが何より重要であり、見た目のイメージにとらわれずに性能にこだわり選択したのが、LV Lだったのです。

L V Lは、木の持つ特性はそのままに、高い強度と品質、そして8%〜10%という驚異的な含水率を実現した完全乾燥材で、木の欠点である、一本ごとのバラツキ・やせやくるいを大きく低減させた次世代の木材であり、高性能住宅のための木材といえるのです。

※ JWOOD・LVLは、JAS(日本農林規格)の認定を受け、JWOOD・EX(防蟻処理剤)は優良木質建材として(財)日本住宅・木材技術センターよりAQ認証を受けております。(独)土木研究所にて、阪神大震災で観測された地震波を再現し実施した日本初の3階建の住宅の振動台実験でも構造躯体への損傷はほとんどありませんでした。



2016.03.04:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 10,719,304pv (2012.11.12〜) Today 7,200pv Yesterday 7,186pv Contents 11,903pages