記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇 寒さによるストレス

外断熱が家族を守る 〇 寒さによるストレス:画像

寒さのストレスという話をさせていただいたので、少し説明を加えたいと思います。

人間誰しも、何かしらのストレスを感じながら生活しているものですが、暮らしの中で感じるストレスといえば、家の寒さからくるストレスが一番大きいのではないでしょうか。

ざっと思いつくままに挙げてみると、

〇 朝、寒くてなかなか布団から出られない。

〇 キッチンでの作業が辛い

〇 寝る時は、部屋を暖めるか電気毛布などがないと寝られない。

〇 就寝中、寒さで目が覚める。トイレに何度も行く。

〇 お風呂や脱衣場が寒くて、入浴がおっくうになる。

〇 戸の開け閉めの際、冷気が不快。開けっ放しにされるとイライラする。

〇 窓や押入れの結露、カビの発生に悩まされる。

〇 こたつや暖房の前からなかなか離れられない。

〇 外に出るのも、家の中で何かをするのもとにかく動くのが面倒になる。

〇 冷え切った誰もいない家に帰るのが憂鬱になる。

〇 結露での、窓ガラスやサッシの掃除が大変。

〇 石油キレのアラームがイヤになる。石油を入れるのがつらい。

〇 暖房で空気が汚れて、のどや目、頭が痛くなる。

〇 急激な温度差により血圧が不安定になり体調がすぐれない。

〇 風邪などに、かかりすくなり医療費がかかる。

〇 冬になると肩こりや偏頭痛がひどくなる。

この他にも、あげればきりがないほど、家の寒さからくるストレスはたくさんあるのではないでしょうか?

また、こうしたストレスで何かにつけイライラしたり、怒りっぽくなったりもするものです。

特に寒いなか、家事をこなさなければならないに奥様方や夜中に起きて仕事に出かけなければいけない方々にとっては、寒さからくるストレスは大変な負担だろうと思います。

そして、考えていただきたいのは、多少の寒さは若いうちは我慢できても、年齢を重ねるほどに寒さに対する体の順応性は確実に低下するということで、将来誰もが体にも精神的にも大きな負担を感じながらの生活を強いられるのです。

そしてこうした寒さは、単につらいとか不快という問題ではなく、大事なご家族やご自身の生命に危険をもたらす事態にもなりかねないほどの深刻な問題だということも、リアルにに考えなければならないのです。

これから家を建てる人に一番伝えたいことは

家に求められる要素は、多々あろうかと思いますが、一番大事なことは家中温度差のない暖かい住み心地のいい家を建てるという事です。

設備ばかりに目を向け、高額の費用をかけても前述のようなストレスが解消しない家が、まだまだ多いのが現実で、器としての家の性能なくして、省エネで快適な家は実現しません。

私達の造る外断熱の家は、小さなエネルギーで家全体を暖かくしてストレスのない快適な住み心地を実現する本物の健康住宅です。



2016.03.06:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 11,161,292pv (2012.11.12〜) Today 939pv Yesterday 3,560pv Contents 11,769pages