記事詳細ページ

外断熱が家族を守る 〇30年持てば充分?

外断熱が家族を守る 〇30年持てば充分?:画像

どうせそんなに長生きしないから、50年も100年も持たなくていいから30年で充分だよというお客様が、いらっしゃいます。

大地震などの自然災害が起きず、暑さ・寒さを我慢して、省エネ性や快適性・健康性を考えなければこれまでの住宅でも50年は充分もつのではないかと思います。

しかし、現実はどうでしょう。阪神大震災や東日本大震災とまではいかなくとも、頻繁に地震が発生し、台風や集中豪雨などによる洪水にも、数多く見舞われるこの日本です。

折角建てるのなら、災害から大事な家族の命を守り、いかなる場合も生活の支えとなり心のよりどころとなる住まいを建てなければならないのではないでしょうか。

そして、単に寒いとか暑いとかという問題ではなく、従来の延長線のような性能の低い住宅に住むということは、内部結露や換気不良により室内空気も汚染され、腐朽菌によって建物の老朽化や蟻害を誘発することで、建物の耐震性や耐久性は著しく低下するのです。

そして、ヒートショックによる家庭内での悲しい事故を引き起こし、時には大切な命まで奪われてしまい危険性が生じるということを、リアルに考えなければなりません。

私達は地元に生きる住宅会社として、お客様が将来後悔するような家を造ることはできないのです。

30年だけ地震や台風から家を守り、省エネで快適で住む人の健康を守れる家を造ることは、技術的にも不可能といえるのです。

気密・断熱のしっかりした高性能な住宅は、快適で健康にやさしい住環境を創出し、住む人と建物の寿命を縮める原因でもあり悪の根源ともいえる、内部結露を解消することによって、耐震性を初めとする新築時の性能を長く維持することができる住宅になるということをご理解いただきたいと思います。

2016.03.15:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 11,443,587pv (2012.11.12〜) Today 3,380pv Yesterday 4,507pv Contents 11,912pages