記事詳細ページ

〇お客様の声 

〇お客様の声 察Р菫

弊社は、給排水衛生工事を主に事業を行い、大東住宅の協力業者として約15年にわたり、外断熱の家造りに携わらせて頂いております。

大東住宅の家づくりは、お客様の多様化するニーズに応え、常に10年・20年先を見据えた、時代の最先端ともいえる家造りに取り組んでいる住宅会社です。

特に、外断熱工法にいち早く着目され、外断熱の実績は県内一で、外断熱と二重通気を組み合わせた「ソーラーサーキットの家」は、気密性と断熱性を併せ持った素晴らしい工法だと、業界でも高い評価を受けています。

単に外断熱工法と言っても、性能には大きな違いがあります。

大東住宅が求める性能を発揮するには、私達の技術水準も相当なレベルが必要で、他社の建物の施工と比べ、より高い精密さと丁寧さが重要になります。

私達設備業者においても気密処理や基礎貫通部分の防蟻処理等、非常に手間がかかり、神経を使う作業の連続ですが、お客様の住んでからの満足を第一に考え、労を惜しまず日々工夫を凝らして作業にあたっております。

ややもすると、限られた予算の中で常に工期に追われ、適当とも言える様な工事になってしまいがちな、現場の世界において、気密や断熱の性能が数値で表れてくる外断熱の工事は常に緊張感をもった施工が重要になってきます。

私が自宅を新築するにあたって大東住宅に依頼させていただいたのは、大工さんやその他多くの協力業者がチーム大東の一員として、仕事に一切の妥協がなく、誇りとプライドをもった家造りをしているからで、多くの取引先がある中、色々迷いましたが大東住宅の外断熱にしました。

入居して、10年経っての感想ですが、お世辞抜きに住み心地は抜群で、冬暖かく・夏涼しく、家の中の温度差もない、春夏秋冬、季節を問わず快適な毎日を過ごさせていただいております。

特に感心するのは、気密性能の高さで、先日も出かける前に我が家の末っ子が、玄関ドアの閉まり方がいつもと違うというので、家の中を確認したところ、洗面所の窓が開けたままの状態になっており、窓が開いていることで、気密性が失われ、空気抵抗がかからず、ドアを閉める際に、いつもより軽いという違和感をもったのだと思います。

新築をした後に生まれた我が家の末っ子も8才となりましたが、もうすでに、ソーラーサーキットに住まうベテランなんだと、妙に感心し、嬉しくもありました。

そして、外断熱の家の中で、この家のもつ温もりに守られて、感受性豊かに成長しているということを改めて実感しました。

今後とも大東住宅の協力業者として、常に向上心を持ち、技術に磨きをかけて、お客様に最高の家に住んで頂けるお手伝いをして参りたいと思います。

そして、一人でも多くの皆様に、子育てにも最適な外断熱の家で、素敵な家族物語を実現していただきたいと切に願っております。

株式会社 太陽工業

代表取締役 赤間 竜樹

2016.04.05:[なぜ外断熱なのか?]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 12,080,419pv (2012.11.12〜) Today 1,835pv Yesterday 9,898pv Contents 12,299pages