記事詳細ページ

快適すぎるともやしっ子?

快適すぎるともやしっ子?:画像

今日はお客様から「家があまり快適だと、子ども達が、ひ弱なもやしっ子になるのでは〜?」という質問が寄せられたので、お答えさせていただきます。

多分、日本には四季があって、寒ければ寒いなりの、暑ければ暑いなりの生活をしないと抵抗力がなくなるのではということだと思うのですが、

皆さん、外に出て、散歩やハイキングに行きたくなる季節は?と尋ねれば、ほとんどの方は春や秋と答えるでしょう。

冬暖かく、夏爽やかな家にするということは、家の中を常に穏やかな気候に近い状態にしましょうということで、こうした環境の中で暮らすことで、とても活動的になって、風邪もひきにくくなり、学校を休まなくなったとか、病院にいくこともホントに少なくなるのです。

画像は、幼稚園児における冬期間の病欠度合を調査したデータですが、家・幼稚園とも断熱が不十分な場合、家・幼稚園とも断熱性能が優れた子どもに比べ、病欠の割合は2.6倍に増加するそうです。

弊社の快適な外断熱の家で暮らすお子さんは、こたつでくるまったり、ストーブの前で張り付いたりしていることはなく、とても賑やかで、うるさい位に(笑)とても元気です。

快適な家に暮らすということは、家の寒さや暑さからくるストレスから解放され、お子さんに限らずご家族の皆さんがとても明るく意欲的な生活が送れます。

家の中が寒いから、外に出るのがいやになるのです。

家が暖かくて体が暖まっていれば、外に出るのも苦痛にはならないのです。

そして、付け加えさせていただければ、家が暖かいと免疫力を高める為に有効とされる基礎体温もおのずと上がることで、逆に抵抗力がつき、丈夫で健康な体をつくるということをご理解いただきたいと思います。

2017.03.02:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 11,284,647pv (2012.11.12〜) Today 605pv Yesterday 3,815pv Contents 11,858pages