記事詳細ページ

この日を迎えて

未曽有の大震災から6年を経過し、それぞれが様々な想いを抱きながら今日という日を迎えた事と存じます。

改めて、地震や津波の犠牲になり、尊い命を亡くされた多くの方々、そしてご遺族の皆様、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

そして、復興は大分進んだかに見えますが、未だ不自由な生活を強いられてる被災者の皆様、心よりお見舞い申し上げる次第でございます。

被災地で暮らし、生かされた私達は、あの震災時に誰もが抱いた、悲しみや怒り・絶望や恐怖・感謝や希望といった様々な想いをいつまでも忘れる事なく、人に伝え続け、生きている意味をしっかり考えながら、一生懸命に生きていかねばならないと決意を新たにした次第です。

一人一人が、ともに助け合い、ともに支え合って、東北そして熊本の復興に取り組んでいきましょう。

2017.03.11:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫 □ 役職  代表取締役社長 □ 氏名  高..

Access 10,867,242pv (2012.11.12〜) Today 5,537pv Yesterday 4,387pv Contents 11,678pages