記事詳細ページ

『夏の高性能住宅の室温は?』のお話

『夏の高性能住宅の室温は?』のお話:画像

暑い日が続いて大変ですね。

私も毎晩寝苦しくてなかなか疲れも取れません。

(ぐっすり寝れる高性能住宅に住み替えたいものです)

と言うことで、今回は高性能住宅の室温についての記事をご案内します。

 

夏の室温は、26℃〜28℃くらいが目安となります。これは、私達が感じる

体感温度との関係から考えられる室内温度です。人間は、恒温動物ですから

平均36℃という体温を一年中維持しています。体温が0.5℃上昇しても体は

変調をきたし、4℃以上も上昇すると死に至る場合もあります。従って健康な体は、

生理的に熱の発散や保温を繰り返して恒温状態を維持しています。体温があがり

すぎると発汗作用で体温をさげようとします。夏の外気の平均温度を30℃くらい

だとすると、室内温度はそれよりも2℃低い設定で、充分に涼しく感じられます。

また、外気温と温室が同じでも除湿することで、室内の方が涼しく感じられます。

温度と湿度の関係で、赤道直下の高温の南国でも湿度が低いと木陰に入り、日射を

防ぐだけで涼しく感じますが、これは体の熱の放散をスムーズに行うためで、

梅雨時のように湿度が高い状態では、木陰に入っても汗が吹き出て蒸し暑さは解消

出来ません。梅雨時に室内でエアコンを使用する場合には、温度を下げるよりも湿度を

下げる除湿を心掛けると体感温度が下がり、快適に生活出来ます。但し、このような

除湿で効果を上げるためには、湿気を含んだ外気を室内に侵入させない、しっかりと

した気密・断熱性能が重要になります。送風機能のあるエアコンでは、除湿して送風

するだけで充分に快適な住環境を造り出すことも可能です。

 

日本の夏を快適に過ごすには、湿度のコントロールが重要です。

【大東住宅展示場ソーラーサーキットの家には、無理なく除湿を行い爽やかな空間を

 作り出すリフレアを装備しております。是非、この時期にご体感下さい】

 

2017.07.16:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
清野 光芳 (セイノ ミツヨシ):画像

清野 光芳 (セイノ ミツヨシ)

□氏名 清野 光芳(せいの みつよし)□部署名 建築部□役職 取締役建..

Access 11,621,448pv (2012.11.12〜) Today 1,858pv Yesterday 8,780pv Contents 12,005pages