記事詳細ページ

太陽光発電について

お客様と打ち合わせをしていると、太陽光についての質問を、多く頂戴しますのでご説明させていただきます。

太陽光を設置しても、売電単価が下がりメリットは少ないという声もありますが、システム単価も下がっており、まだまだメリットが大きいのが太陽光発電です。

電力料金は、段階性になっており、使用量に応じて単価は上昇します。

つまり、発電した電気を、自家使用することで、一番高い単価で買う電気が減り、使用量が減った分の再エネ賦課金も減少します。

そして、余った電気は、現状単価では、1KWあたり30円の単価にて売電する形となります。

ソーラーサーキットの家の場合、120岼未侶物で、夫婦+子ども二人の月平均の月平均の光熱費は15,000円位ですので、年間18万前後となります。

この18万円の電気料金をゼロにするには、4.8KW位の太陽光の設置で十分で、費用は約150万円位で済みますので、長くみても10年以内で投資した分を回収することになります。

年々光熱費が上昇し、私達の暮らしを圧迫してきている現状の中、さらに上昇する可能性が高く、生活防衛という観点からも、ご予算に余裕があれば設置をお薦めしております。

建築部 K
 

2017.10.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
スタッフブログ  :画像

大東住宅|スタッフブログ

住み心地の良い住まいを提案致します。

Access 11,757,878pv (2012.11.12〜) Today 4,839pv Yesterday 4,395pv Contents 12,114pages