記事詳細ページ

20℃でも輻射熱で快適です。

20℃でも輻射熱で快適です。:画像

クールチョイス(賢い選択)運動の一環として、冬の生活スタイル提案する、ウォームビズが11月から始まっています。(期間は3月31日まで)

ウォームビズは、暖房時の室温を20℃を目安にしましょうという取り組みですが、20℃というと少し肌寒い感じがすると思いますが、私達が体感的に感じる温度は、室温もさることながら、壁面の表面温度も大きく左右いたします。



つまり、同じ室温でも、床や壁の表面温度が、低ければ体感温度も下がるということで、壁や窓の温度が10℃であれば、室温を20℃にしても(10+20)÷2=15となり、体感温度は15℃になり室温を25℃以上にして初めて20℃近い体感温度になるわけです。

その点、弊社の外断熱の家なら、構造の外側で断熱することで、断熱材の内側にある柱などの構造躯体も蓄熱体としての役割を発揮することで、輻射熱の恩恵が得られ壁面温度もほとんど変わらず、ほぼ室温と同様の体感温度となるのです。

また、一番熱が逃げやすい開口部のサッシには、オール樹脂の3層トリプルガラス(アルゴンガス入り)を使用することで、熱損失を最小限に抑え、20℃の室温設定でも、衣服の調整で十分快適に過ごせます。

もちろん、もう少し室温を上げたいというお客様は、僅かな暖房費の負担でポカポカの暮らしも可能です。

※ 一般的に設定温度を1℃あげると、消費電力は5%上昇するといわれています。

しかしながら、クールチョイスは、2030年度までに温室効果ガス26%削減の目標を達成するための国民運動となります。

そして、電気料金も再エネ賦課金も上昇していますので、省エネという観点からもあまり室温を上げない暮らしも重要ではないかと思います。



今年度も、クールビズに引き続き、杏ちゃんが推進役を努めます。

大東オーナーの皆さんは、外断熱の家で暮らすことで、基礎体温も少なからず上昇していると思いますので、多少衣服の調整をすることで、十分20℃で快適に過ごせるはずです。

地球防衛軍のメンバーとして、ウォームビズ運動に、ご理解とご協力下さいます様お願い申し上げます。

2017.12.01:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 12,107,175pv (2012.11.12〜) Today 642pv Yesterday 5,012pv Contents 12,326pages