記事詳細ページ

寝室と寝床内の環境でぐっすり快眠

ウエザーニュースによると、宮城県に住む方の寝室の平均室温は、寝る時が16℃で起きる時が11℃だそうです。

これは、おそらく寝る前に少し暖めて、暖房を切って朝を迎えると、室温が11℃まで下がっているということだと思います。

そして、冬場の良好な寝床内環境は、33℃・50%前後といわれており、、普通は、無意識にこの環境に近い状態をつくるために、フトンの種類・枚数・パジャマなどを調整しているそうです。

弊社の外断熱に住むオーナー様の多くは、寝室の室温を、寝る時も起きる時も15℃〜20℃にしており、皆さんが羽毛布団1枚・薄着のパジャマで朝までぐっすり眠っておられます。

寝室の室温が低い場合、布団を何枚もかけたり、厚手のスウエット・電気毛布や湯たんぽなどで暖めるのが一般的で、布団が重かったり、服がごわごわしたりで、寝つきも悪く、寝返りの回数も多くなりがちです。また、逆に布団の中が暑くなり、無意識に布団をはいだりしてしまい、今度は寒さで目が覚めトイレが近くなる夜間頻尿となり、睡眠障害にもつながります。

ちなみに朝の室温を18℃前後にキープする電気料金は、1時間当たりエアコンで約4円・ハロゲンヒーターの弱運転で約7円で,月1000円から1500円で済みますので、風邪をひいて病院にいったり、体調をくずしたりすることを考えれば、逆に安上がりで贅沢でもなんでもありません。

綺麗な空気の中で、寒さを感じず朝までぐっすり。

健康の源は何といっても、良質な睡眠です。

熟睡することで免疫細胞や成長ホルモンも活発となり、病気にかかりにくい丈夫な身体になるのです。

家の中で、一番結露が発生するのも、風邪やインフルエンザに感染してしまうのも、寝室となり一冬に平均4.5回は風邪をひくそうです。

寝室と寝床内の温湿環境と空気環境を整えることで、医者いらずの健康な暮らしが実現するのです。




お気軽にお問い合わせ下さい

2018.01.05:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,601,871pv (2012.11.12〜) Today 2,311pv Yesterday 2,766pv Contents 12,676pages