記事詳細ページ

W断熱(付加断熱)にくれぐれもご注意を

W断熱は、暖かくてよさそうですがというお問合せがあったので、以前の記事を再掲させていただきますので、、W断熱を検討している方は参考にして下さい。

現在、太陽光発電の設置には、経産省によるゼロエネ補助金を受けられるために、各社ZEHの推進に積極的です。

弊社でも、ZEHビルダーとして国に登録しており、補助金の活用が可能ですが、以前に説明させて頂いた通り、ZEHの制度には、矛盾も多く、補助金を受けようとすると、様々な検討が必要となり、不合理な対応を強いられる場合もあり難しい側面もございます。

そして、これまで、断熱を重視してこなかったメーカーは、UA値をアップさせるために、躍起になって商品開発に取り組んでいます。

そこで、導入が進められているのがW断熱という付加断熱の手法です。(内断熱+外断熱)

補助金の採択を受けるにはUA値が高く、一次エネルギー消費の削減率が高いほど有利になる背景があり、計算上の数値を上げるための断熱強化を、各社進めているという訳です。

これまで、外断熱のありもしないような欠点を、散々、指摘していた方々が、手のひらを返したように、外断熱のメリットを強調するようになり、内断熱と外断熱のメリットを融合させた理想の断熱と、もっともらしい宣伝をしているのには、驚くばかりです。

また、実際にW断熱と謳いPRしていても、入り口だけの話で、価格や施工の不安から、積極的に推進していないメーカーも多いのが現実です。

十分に注意しなければならないのが、外断熱には外断熱ゆえの施工の難しさがあり、長年の経験に基づいたノウハウも必要なのです。

これまで、外断熱の家を造ったことのないメーカーや、経験のない職人さんが、見よう見まねで、まともな外断熱を造れるとは、思えないのが正直なところで、それこそ、断熱パネルビスの打ちそこないや、断熱材の張り合わせの不良による断熱欠損に加え、気密や防水不良による雨漏れや地震の際の外壁の脱落・白蟻被害など、将来、多くの問題が発生するのではないかと心配です。

特に、外断熱に適した構造材の検討もなされておらず、気密も測定しないメーカーが多く、防湿フィルムを施工しない建物もあり、水蒸気の動きについて、全く理解していない付加断熱がほとんどで、結露や雨漏れなどによる住宅の腐朽や蟻害・空気環境悪化にともなう健康被害など、将来を非常に危惧しています。

W断熱の危険性や問題点についての話は、拙著「外断熱が家族を守る」でも紹介しておりますし、先日ブログでもアップさせていただきましたので、ご興味があればご覧になってみて下さい。

付加断熱の注意点→http://daitojyutaku.co.jp/log/?l=404674

付加断熱の逆転結露→http://daitojyutaku.co.jp/log/?l=438510

もともと付加断熱は、冬場の温度差が30℃も40℃もある北海道などでは、確かに有効だと思いますが、真冬でも20℃からせいぜい25℃程度の温度差でしかない宮城では不必要な断熱でもあります。

弊社では、外断熱単独でも、標準の断熱仕様で0.43・ハイスペックで0.34というUA値の性能にて、数多くの住宅をつくらせていただいており、皆さんが省エネで快適な暮らしを送っております。



正直申せば、性能値をさらに向上するために、内側への付加断熱も検討した時期もありましたが、住み心地に加え、暖房費の削減にも、ほとんど効果がなく、逆に、夏の爽やかさや耐久性を発揮するための通気性を殺してしまうために、付加断熱の導入は見送りました。

なぜならば、ソーラーサーキットのUA値は、確かな断熱施工と高いレベルの気密施工によって、輻射熱効果も発揮され、計算値以上の性能を発揮するからです。

さらに、計算上は加味されませんが、二重通気や四季対応型の換気システムによって、建物を冷ます効果が生まれる事で、夏場の冷房負荷が、断熱のみを重視した建物とは、比較にならない程低いのです。

加えて、気密の劣化もほとんどなく、内部結露の心配もなく、湿気に強いポリスチレン断熱材を使用することで、その性能が将来にわたり保持できる本物の省エネ住宅であり、長寿命住宅と言えるのです。

何より、構造材の耐久性を保持するためには、木材を空気に常時触れさせる通気性が、重要であり、木は呼吸すると言っておきながら、窒息させてしまうような建物が、50年も60年も持たないというのが私達の基本的な考え方です。

よく、木は生き物といいますが、あなたが木材だったら、断熱材とボードに囲まれた状態で生きていきたいと思うでしょうか。押入れの中に何年も入れっぱなしにした布団は暖かいでしょうか?

そして、W断熱や充填断熱のUA値は、あくまで計算値であり、完璧な断熱施工の難しさやいい加減な気密によって、計算値どうりの性能を発揮するのは困難です。

しかも、繊維系の断熱材は、徐々に湿気や結露によって、性能は低下し、結露の危険性が高まり、住み心地はもちろん、光熱費の上昇、耐震性や耐久性が低下してしまうのが、現実なのです。

また、仮に、正しい施工をしたW断熱であったとしても、有効なのは、冬場だけの話です。

UA値0.18とか0.22とか、ビックリするような、数値を宣伝しているメーカーもありますが、せいぜい冬場の年間暖房費が、1万程度少なくなるだけで、逆に暖房費が軽減する以上に冷房費が上昇してしまい、断熱強化に大きなコストをかけるメリットはないのです。



窓を小さくしたり、少なくしたり、外側にブラインドをつけるなどして、夏の暑さ対策をするメーカーもございますが、日射対策にも限度があり、人が生活している以上、生活熱が発生するために、室内に熱がこもってしまい、夏だけに限らず中間期においても冷房の使用が必要となるのです。

魔法瓶や保冷パック・魚箱の中が冷たさを維持するのは、氷や保冷剤があるのと同じように、
夏涼しいのは、あくまでエアコンが大前提ということをご理解いただきたいと思います。

単に、見た目の数値を上げるための付加断熱は、十分な注意が必要なのです。

最後に付け加えさせていただきますが、W断熱は、ある意味外断熱化の一種には違いないのですが、結果的に外断熱化されるのは壁部分のみで、外断熱もどきの建物であり、様々な不具合が生じる危険性が生じる可能性が高いということもご理解いただけると幸いです。



2018.01.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 12,266,913pv (2012.11.12〜) Today 2,836pv Yesterday 3,717pv Contents 12,445pages