記事詳細ページ

住まいと人の健康を脅かす逆転結露(夏型結露)

住まいと人の健康を脅かす逆転結露(夏型結露):画像

昨今の住宅にはエアコンが必需で、一家に何台ものエアコンを設置するのがあたり前になりました。

このエアコンによって、室内と壁体内の温度差が生じ、夏場に発生する結露を逆転結露(夏型結露)といいます。

一般的に、結露といえば、冬の時期を想像しがちですが、猛暑とエアコンの普及によって、多くの建物で、目に見えない壁の中に発生しているのをご存知でしょうか。

下記の画像は、昨年日経ホームビルダーに掲載された建築中の現場で発生した逆転結露の画像です。

この現場では、建築中の雨が、構造材や構造用合板・基礎に入り込み、乾ききらない内に,
断熱と気密工事を行ってしまい、夜間に室内の温度が低下し、逆転結露が発生したのです。

※ 冬の結露は表面結露といって、文字どうり表面に結露が発生しますが、画像は気密フィルムの裏側に結露が発生しており、結露の発生する場所が、逆転することから逆転結露と呼ばれています。

このように、エアコンで冷やさなくても、自然の室温低下で、簡単に結露は発生するということを理解しなければなりません。



夏型結露のほとんどは、目に見えない床下や壁の中・天井裏で発生するために、発見は難しく,知らず知らずの内に構造躯体にダメージを及ぼし、木材の腐朽やシロアリの食害を受け、耐震性や断熱性能が低下し、住み心地はもとより、家の耐久性を著しく劣化させるので注意が必要です。

また、壁の中や小屋裏にカビが生えることで、まさしくカビに囲まれた暮らしになってしまい、汚染された空気が室内に入り込み、アレルギーの原因にもなるという認識も必要です。

業界でも、逆転結露の考え方は、両極端で、冬の結露に比べ少量だから影響が少ないとする肯定派と、たとえ少量でも、躯体内温度が高い夏場の結露は、木材の腐朽や蟻害を誘発し、耐震性や断熱性の低下に直結すると危惧する方々と大きく二つに分かれています。

しかし、逆転結露に対しての危険性を意識して、設計や現場に反映する造り手は、少数派であり、ほとんど考慮されないまま、建物が造られているのが、日本の建築業界の現状なのです。

相対湿度が高い7月から8月にかけては、必然的に壁の中の温度や湿度も高くなりがちですが、特に雨が上がり急に暑くなるケースが頻繁に訪れます。

例えば、気温30℃、湿度85パーセントの場合の露点温度は 27℃となります。つまり湿気を含んだ外気が、壁体内に侵入し、エアコンによって冷やされ、27℃以下になると、理論的には気密シートの内側で結露が発生している危険性が高くなります。

年々、猛暑が厳しくなり、熱中症対策もあり、今やエアコンの使用は避けられない時代となっておりますが、壁の中や床下で発生する結露で、カビや腐朽菌が増殖し、木材を腐らせている事はあまり知られていないのが現実です。

外断熱の家では、よほど無茶な暮らし方をしなければ、心配ありませんが、壁体内に外部からの湿気が侵入しやすく温度も上昇する内断熱の場合には十分注意が必要なことは、再三お伝えしている通りです。

しかし、今回、夏型結露を防止するための気密シートが販売されていたことを始めて知りました。

通常の気密シートは、冬期間の壁内結露を防止するために、室内の水蒸気が壁内に侵入しない様に構造の室内側に施工します。

そして、例え水蒸気が気密層を通過し、壁の中で結露が発生しても、その水蒸気は構造外部に施工する透湿シートによって、外部へ排出されるので、問題はないというのが、これまでの一般的な考え方でした。

一方、この逆転結露を防止するフイルムは、冬場に室内の水蒸気を壁の中への侵入を防止する機能に加え、夏に外部から壁体内に侵入する水蒸気を壁の中に滞留させずに、逆に室内へ透過させることで、壁体内での結露も防止するという両方の機能を併せもつ気密フイルムになります。

一瞬なるほど〜と思いましたが、もともと室内の相対湿度が高い時期に、壁の中の水蒸気を室内へ入れたら、室内の湿度はどれほどの湿度になるのでしょう。

計算が、複雑なので省略しますが、よほど除湿や換気を徹底しなければ、石膏ボードや内装材にまで余分な湿気を含み、むし暑くて不快なばかりか、カビやダニが大繁殖につながるのではないでしょうか。

そして、内装材に湿気を通さないクロスやタイル・化粧パネルなどを使用していれば、その内側で水蒸気はせき止められ、内装材と気密フイルムの間に結露の危険性が高まります。

したがって、内装材も、漆喰やエコカラットのような吸湿性のある素材を推奨しているようですが、室内の湿気も吸収し、壁内部の水蒸気までキチンと吸収する魔法のような資材はあるのでか率直な疑問を抱きました。

外断熱の場合、構造の外側で、断熱材を施工し、気密工事も構造の外側ですので、湿気や熱気を含んだ外気が、構造内に入り込むことは、ほとんどないために、よほど室温を下げなければ逆転結露が発生する可能性はありません。

四季の変化が激しく、高温多湿という日本の気候条件の中で、冬も夏も結露を防ぎ、人も建物の健康を守り、省エネで快適に暮らすには、充填断熱では限界があり、様々な矛盾と弊害が生じてしまうということを業界全体で真剣に考えなければいけない時代になってきていると改めて痛感した次第です。



お気軽にお問い合わせ下さい

2018.03.21:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,180,578pv (2012.11.12〜) Today 770pv Yesterday 4,645pv Contents 12,303pages