記事詳細ページ

逆転結露を防止する気密シート

逆転結露を防止する気密シート:画像

エアコンを使用することで、室内と壁体内の温度差によって、発生する結露を逆転結露(夏型結露)といいます。

一般的に、結露といえば、冬の時期を想像しがちですが、温暖化とエアコンの普及によって、梅雨から夏にかけても多く発生しているのをご存知でしょうか。



夏型結露のほとんどは、目に見えない床下や壁の中・天井裏で発生するために、発見は難しく,知らず知らずの内に構造躯体にダメージを及ぼし、木材の腐朽やシロアリの食害を受け、耐震性や断熱性能が劣化し、住み心地はもとより、家の耐久性を著しく劣化させるので注意が必要です。

トップ画像を見て、33度なんてそうないし、室内を26℃以下にしなければいいのかと思う方もいらっしゃると思いますが、この時期は、雨が上がり急に暑くなる時が頻繁に訪れます。

例えば、外気温30℃、湿度85パーセントの場合の露点温度は 27℃となります。つまり湿気を含んだ壁体内の空気がエアコンによって冷やされると27℃以下では、結露が発生している危険性が高くなります。

年々、猛暑が厳しくなり、熱中症対策もあり、今やエアコンの使用は避けられない時代となっておりますが、壁の中や床下で発生する結露で、カビや腐朽菌が増殖し、木材を腐らせている事はあまり知られていないのが現実です。

ソーラーサーキットの家では、よほど無茶な冷やし方をしなければ、心配ありませんが、内断熱の場合には十分注意が必要だということは、再三お伝えしているのですが、夏型結露を防止する気密シートがあるのを始めて知りました。



通常の気密シートは、冬期間の壁内結露を防止するために、室内の水蒸気が壁内に侵入しない様に施工します。

このシートは、室内からの水蒸気の侵入を防止する機能に加え、夏の壁体内の水蒸気を逆に室内へ通過させ、壁体内での結露をも防止するというシートになります。

つまり、壁の中の湿気を室内へ放出し、内部結露を抑えるシートということになります。

一瞬なるほど〜と思いましたが、もともと室内の相対湿度が高い時期に、壁の中の水蒸気を室内へ入れたらどれほどの湿度になるのでしょう。

計算が、複雑なので省略するとして、よほど除湿を徹底しなければ、石膏ボードや内装材にまで余分な湿気を含み、むし暑くて不快なばかりか、カビやダニが大繁殖するのは、間違いありません。

四季の変化が激しく、高温多湿という日本の気候条件の中で、冬も夏も結露を防ぎ、人も建物の健康を守り、省エネで快適に暮らすには、内断熱では限界があり、様々な矛盾と弊害が生じてしまうということを業界全体で真剣に考えなければいけない時代になってきていると改めて痛感した次第です。



2018.01.10:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 12,266,907pv (2012.11.12〜) Today 2,830pv Yesterday 3,717pv Contents 12,445pages