記事詳細ページ

ファンヒーターは厳禁!

お客様から、ファンヒーターについての問い合わせがあったので、以前の社長ブログから、抜粋して紹介させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ファンヒーターは灯油が燃焼することで、一酸化炭素や二酸化炭素・一酸化窒素や二酸化窒素に加え、油に含まれる多くのVOC(揮発性有機化合物)などの有害物質が発生します。また温風が吹き出す事で、床のほこり・カビの胞子・ダニの死骸などを知らず知らずのうちに撒き散らし、アレルギーなどの発症原因にもなるという認識も必要です。

こうした開放型のファンヒーターをメイン暖房としている先進国は日本だけと言っても過言ではなく、欧米の人々が、日本のファンヒーターを見たら、「オー・マイ・ゴッド」となるのは間違いありません。


汚れた空気を煙突もつけず室内に排気する事自体が考えられないということです。

【1時間に一度十分な換気を行ってください。】と、危険マークがついた注意書きがあるのは、健康被害や重大な事故を防止する為の表示以外の何物でもありません。

しかし、折角部屋が暖まったのに、窓を頻繁に開けて換気をする人はどの位いるでしょう。多くは喉が痛いとか頭痛がして初めて空気の入れ替えをサッと行うだけで、ほとんど換気されていないケースも多いのです。

健康な方ならいざ知らず、お子さんやお年寄りはもちろん、アトピーや喘息などのアレルギーに悩まされているご家庭ではタブーな暖房とも言えるのです。

それでも、従来の隙間の多い建物の場合は、外気温と室内との温度差によって生じる「隙間換気」が自然に作用しており、これまでは、あまり深刻な問題にはならなかった側面もあるのですが、中途半端に気密が進んだ現代の住まいでは、十分な注意が必要で、断熱レベルが高ければ高いほどファンヒーターは厳禁となります。

さらに怖いのが、石油が燃焼した分の水分も必然的に発生することで、温度差のあるガラスや内壁・押入れなどの結露に加え、壁の中や床下・天井裏といった目に見えない躯体内に内部結露を引き起こし、建物の腐朽やシロアリ被害なども助長してしまうのです。

オイルショック以降建てられた日本の住宅が短命なのは、中途半端な気密・断熱と不十分な換気に加え、不適切な冷暖房による内部結露に大きな原因があるのです。

いつも、乾燥についての説明をさせていただいていますが、20℃の空気の飽和水蒸気量は、空気1立法あたり17グラムとなります。



ファンヒーターを稼働させると、機器の出力によって、差はあるものの1時間当たり300グラム〜500グラムの水蒸気を発生させます。

どういうことかというと、例えば8畳の部屋の容積は約30立米ですが、飽和水蒸気量(水蒸気を含むことの出来る量)は、30×17=510グラムとなるわけです。

つまり、8畳の締め切った部屋で、換気もせずにファンヒーターをつけたとすると、1時間あたり、最低でも300グラムの水蒸気が発生してしまい、その水蒸気だけで、実に60%の湿度となり、もともと含んでいる水蒸気と合わせると80%にも90%にもなってしまい、たとえ室内が20℃であっても17℃〜18℃以下の箇所では、必ず結露が発生するということになります。

くわえて、洗濯物を室内にでも干したらどうなるでしょう。いつまでも乾かないばかりか濡れた洗濯物にハウスダストや有害物質がこびりつき大変な状況になってしまうのです。



実際には、そうして発生する水蒸気は、その部屋にとどまらず、寒い部屋や壁体内に移動するので、その部屋だけが影響を受ける訳ではないのですが、何時間もつけていると家の温度差のある箇所はもちろん、床下や壁の中・小屋裏まで、家中のいたるどころで結露が発生しまい、カビやダニの温床となる環境を自らつくっているということも理解しなければなりません。

特にこの時期は、寒さを解消するために設定温度も高めになりがちです。

カビ・ダニといえば、梅雨から9月位までの繁殖時期だったのですが、家の中を暖める様になった現代の暮らしでは、一年中、カビが生え、ダニが繁殖するようになっており、こうしたことも、アレルギー患者の大きな増加要因にもなっています。



人間が生きていく上で体内に取り込む物質の重量比は、食物・水分・空気で、それぞれの割合は7%・8%・85%。この85%をも占める空気が健康に大きな影響を与えている事を理解しなければなりません。

そして、ファンヒーターを使用しなければ暖まらないような断熱性の低い住宅の多くは、いる場所だけ暖める局所暖房がほとんどで、どうしてもドアを閉めきった生活になってしまい、洗面所や浴室・トイレなどの非暖房室との温度差が10℃以上も生じ、ヒートショックによる心臓や脳疾患の危険性も必然的に高まるのです。

こうした話をすると、ファンヒーターもつけられない危険な家には住みたくないというような???な方もたまにいらっしゃいますが、そういう方にいつも紹介するのが、次の話です。

割と知られていないのですが、国内の、大手電機メーカーは、機器の不具合による事故や不完全燃焼による死亡事故が相次ぎ、2007年のシャープを最後にファンヒーターの製造・販売を打ち切りました。

現在、製造販売を継続しているのは、電機メーカー以外の4社のみです。

ファンヒーターの点火時や消火時のいや〜な臭いが、不完全燃焼時に起きる一酸化炭素ですが、古い石油を使ったり、水やごみが混入したり、フィルターがつまったり、室内の酸素濃度が低下したりしても、不完全燃焼による一酸化炭素は発生するということを理解していただきたいのです。

参考までに、一酸化炭素がどれだけ有害なのか紹介したいと思います。

0.02% 200 ppm 2〜3時間内に軽い頭痛
0.04% 400 ppm 1〜2時間で前頭痛  2.5〜3.5時間で後頭痛
0.08% 800 ppm 45分で頭痛、めまい、吐気  2時間で失神
0.16% 1600 ppm 20分で頭痛、めまい 2時間で致死
0.32% 3200 ppm 5〜10分で頭痛、めまい 30分で致死
0.64% 6400 ppm 1〜2分で頭痛、めまい 10〜15分で致死
1.28% 12800 ppm 1〜3分で死亡

※たとえ空気中の0.01%(100ppm)の一酸化炭素濃度であっても、幼児などの場合では、数時間でけいれんを起こすこともあるので、本当に怖いのです。

新しい製品は、不完全燃焼ややけど防止などの性能は、大分改善されており、自動停止の機能によって、重大な事故の可能性は少なくなっていますが、空気の汚れや結露などの根本的な問題は、改善できていないのが実状です。

そして、石油が燃焼するということは、酸素を消費し、二酸化炭素を排出するわけで、人の呼吸による酸素の消費と二酸化炭素の排出が重なり、空気が常に汚れてしまい、換気が不十分だと、酸欠状態となり、体内に十分な酸素の供給すらままならず、二酸化炭素の濃度だけが上昇してしまい、身体に悪いばかりか、脳の働きもにぶり、お子さんの学習効率も大きく低下してしまいます。

ちなみに、外気中の二酸化炭素濃度は、約400PPMとなっており、ビル管理法では、1000PPM・学校などでは1500PPM以下というのが、推奨基準ですが、換気が不十分でファンヒーターを使用しているお宅では、5000PPM(空気中の0.5%)を超えているお宅も多いのです。酸素濃度は概ね21%で、18%以上が安全の限界値となり、18%以下になると、様々な症状が起き、10%以下になると死に直結します。

21%   通常の空気中の酸素濃度
18%   頭痛など 安全の限界
16〜14% 脈拍、呼吸数の増加 頭痛、吐き気
12%   めまい、吐き気、 筋力低下 墜落につながる
10%   顔面蒼白、意識不明、嘔吐 気管閉塞で窒息死
8%    失神昏倒 7〜8分以内 に死亡
6%    瞬時に昏倒、呼吸停止 6分で死亡


また石油が燃焼することで、空気中の酸素と窒素が結合して生成される二酸化窒素の濃度も通常の換気では、基準を大きく上回ることが、国民消費生活センターの調査によって明らかにされています。



1時間に10回も換気しても、燃え続けている限り、二酸化窒素の濃度は推奨基準を下回ることが出来ないのがわかると思います。二酸化窒素は、主に呼吸系の咽喉頭・胸部の刺激・肺水腫や気管支炎・肺炎を引き起こしますので注意が必要です。


昨今の新築でも、ファンヒーターを利用する方も少なからずいるようですが、中途半端な気密住宅で、換気もせずファンヒーターを使用すると、大げさでも何でもなく、時には命の危険さえ起こりえるほど危険となりますので、使用は控えることが賢明です。

換気をしているつもりでも、1時間に1回位では、必要な換気量に満たない為に、カーテンや窓際のソファなどの布製品にもカビが生え、カビ臭さをとるための、消臭剤や芳香剤による健康被害が急増しており、寒さ以上に、燃焼ガスや結露によって、住む人の健康にも、重大な悪影響を及ぼすということもご理解いただきたいと思います。

正確なデータはなかなかないのですが、おそらく県内では、ファンヒーターをメインの暖房として利用されている方が6割位いらっしゃると思います。

家族と住まいの健康を守る意味においても、ファンヒーターの危険性をご理解いただき、FF式のルームヒーターやエアコンなど、空気を汚さない暖房をご検討いただきたいと思います。

家族の命と健康を守るべき住まいが、健康を蝕み、病気や事故を誘発する場であってはならないのです。




2018.01.12:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
スタッフブログ  :画像

大東住宅|スタッフブログ

住み心地の良い住まいを提案致します。

Access 12,266,924pv (2012.11.12〜) Today 2,847pv Yesterday 3,717pv Contents 12,445pages