記事詳細ページ

ドアのアンダーカット(隙間)を塞ぐ家

ドアのアンダーカット(隙間)を塞ぐ家:画像

室内ドアのアンダーカットはご存知でしょうか。

2003年に施行されたシックハウス法により、換気設備が義務化になって以来、建材メーカーの室内ドアは、ほとんどアンダーカットタイプになっています。

これは、ドアを閉めていても、居室の汚れた空気が廊下や水回りにある排気ゾーンにスムーズに流れ、換気ができるように、ドアの下部に1センチ程度の隙間を設けるているドアのことです。

つまり、現在の新築では、引き戸でなければ、アンダーカットのドアが必ずついているということになります。

※ 引き戸は、通常レールもあり、少し開けておけば通気が、機能するという考え方で、アンダーカットは必要ありません。

しかし、家の性能と間違った暮らし方によっては、このアンダーカットのドアにもいろいろと問題が生じるので注意が必要です。

隙間を設けているということは、室内間においても温度差があると、空気の対流により隙間換気がはたらくのは当然です。

本来は、汚れた空気を排気ゾーンまで送るための隙間ですが、断熱性能が低かったり、局所暖房によって家の中に温度差があると、空気の対流が起きて、寒い廊下などから、冷たい空気やホコリが侵入して何かと不快な状態を招いてしまうのです。

2003年以降建築された住宅にお住まいの方が、このドアのすき間に、悩まされているケースが多く、ホームセンターにいくと、ドアのすき間を埋めるテープが、たくさん売られています。





ドアのアンダーカットは、シックハウスやアレルギーを防止するために、一応建築基準法という法律で決められている措置です。

室内の換気の為に設けられた隙間によって、隙間風やホコリが入り、それを防ぐためにテープで埋めて、換気が益々悪くなり空気を汚すばかりか、湿気や結露によるカビやダニが季節を問わず増殖してしまうのです。

その結果、臭いを解消するために、消臭剤や芳香剤・柔軟剤の需要が伸び、防カビ剤や防虫剤・殺虫剤も必要にもなり、これらの化学物質によって、新たなシックハウスとも言える様々なアレルギー症状を多発させているのが実状で、非常にちぐはぐな世の中になったと感じる今日この頃です。



隙間テープは、冷気を防ぎ、暖房費を節約するという部分では有効化もしれませんが、素材によっては、ホコりやカビがついたり、ドアの開閉にも支障がでたり、床材に傷がついたりするなどするということも頭にいれなければなりません。

そして、一番問題なのが、換気が正常に働かなくなることで、室内の空気はかなり汚れてしまうのです。

弊社では、もともとドアがあるから閉めてしまうという考えもあり、出来るだけオープンな間取りにして、少ないエネルギーで家中温度差の無い暮らしを提案しております。

気になる暖房費も、真冬に1Fと2Fのエアコンを24時間連続運転させても、月平均15,000前後でOKで、外断熱の輻射熱効果で、家中の温度差は2℃〜3℃以内となり、結露どころか湿気っぽい場所はなくなり、消臭剤や芳香剤・防虫剤などは必要ありません。

もちろん、換気も熱交換タイプで、寒さが気になり止めてしまう必要などなく、室内はいつもきれいな空気に満たされた空間となります。

2階の寝室には、ドアも設置し、出来るだけ開放するような暮らし方を推奨しておりますが、例え閉めていても、温度差がないので隙間風を感じる事はございませんのでご安心ください。

※ だんだんと暖かくなるこれからの季節は、外との温度差もなくなり、隙間換気も働かなくなります。湿度も上がってくるので、春から秋は、換気を機能させるためにも、隙間テープは、外した方がいいと思います。





お気軽にお問い合わせ下さい

2018.05.12:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,590,711pv (2012.11.12〜) Today 2,098pv Yesterday 4,010pv Contents 12,667pages