記事詳細ページ

マイホームを高性能にする為のポイントとは

家の住み心地はもちろんですが、光熱費や耐震性・耐久性にしても、住んでみないとわからないものです。

耐震性は、大きな地震に遭遇しなければわかりませんし、耐久性も、20年・30年経過しなければわからないのです。

昨日は、高性能住宅の要素についてお伝えしましたが、今日は、実際に、お建てになるマイホームを高性能にするためのチェックポイントについて、改めて紹介させていただきます。

私は、常々、外断熱の優位性について、お伝えしておりますが、外断熱であろうと内断熱であろうと、次に挙げるポイントを満たすことで、住まいは高性能となり、将来、後悔するような家にはならないはずです。

そのポイントとは、気密や断熱・換気・冷暖房について、依頼先に、次の条件を提示し、確実に実施してもらうだけで、名実ともに高性能となります。

☆ C値(隙間面積)を測定するための、気密検査の実施(気密工事完了時・竣工時)してもらってください。 (寒冷地の基準は2.0ですが、経年変化を考慮し最低でも1.0が必要です)

☆ Q値(熱損失係数)・UA値(外皮熱貫流率)の確認をして、 最低でもQ値1.6UA値0.48w/屐Γ襦複擅釘抜霆爐20%UP)の断熱計画を実施してもらって下さい。

☆ 数値はあくまで計算値です。断熱の施工精度の確認のために、 断熱施工時に目視はもちろん、サーモカメラにて確認してください。(断熱欠損や施工ムラがないかがわかります)

☆ 開口部の種類と性能値を確認し、樹脂トリプル(LOW-E+アルゴン)もしくは、準防火地域などでも最低でもU値1.6W以下 のサッシを使用してもらってください。
(1.2年後にはどこのメーカーでも標準になってきます)

☆ 換気システムの種別を確認してください。まだ仙台圏では、コストの関係で1種よりも3種換気の採用比率が非常に高いのですが、数多くのクレームや問題が発生しており、宮城のような寒冷地では、第1種熱交換換気が必須となります。

☆冷暖房の種類・容量と配置計画を示してもらってください。高性能というからには、エアコンはどんなに多くてもせいぜい3、4台で十分です。

☆ 冷暖房の連続運転時の部屋別の室温 と暖房費のシュミレーションを提示してもらってください。(家族構成・生活スタイル・体感温度が違うのでというのは×です。24時間20℃に設定した場合の暖房費を出してもらえばいいだけです。)

これらが、全て確実に履行されると、必然的に、いい加減な対応は出来なくなり、様々ある工種の施工精度もグンと向上し、間違いなく住み心地のいい家に近づきます。

そして、太陽光を設置する場合でも、無駄な太陽光は必要なく、床面積屬△燭0.5kW前後の設置で、十分ゼロエネは可能になります。

もっともらしい理由をつけて、受け入れを拒否されるかもしれませんが、ハッキリ言って、そうした造り手を大事な家づくりのパートナーとして選択すると、お客様自身が将来後悔する可能性が非常に高くなります。

宮城にも、対応の可能な造り手はたくさんいますので、どんなに人柄の良い営業マンであっても、デザインが良くて、価格が予算内でも、候補から外した方が賢明です。

上記に挙げたチェックポイントは、省エネ住宅や高性能住宅というからには、クリアしなければ最低限の条件ともいえます。

そして、これらの条件を満たした上で、次のステップとなる資金計画や間取りプラン・外観や設備・インテリアにと計画を進めれば、お客様の家づくりの成功確率はかなり高いものになるのは、間違いありません。

マイホームは、一生で一番高い買い物です。見た目ではなく、中身をしっかり見極めた上での家づくりが大切です。



お気軽にお問い合わせ下さい

2018.06.14:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,703,221pv (2012.11.12〜) Today 2,032pv Yesterday 3,424pv Contents 12,774pages