記事詳細ページ

いつまでも続くアベコベな家づくり

日本の昔の家屋は、湿気や暑さを避けるために、床を高くし、窓を大きく取り、木材を表しにした真壁にして、内壁も少なく、襖や障子で仕切り、深い軒や庇で雨や日射を遮り、徹底的に風通しを重視し、断熱材もない隙間だらけの家でした。

当然、冬は猛烈に寒かったのですが、通気性は良く、地震や台風・火事などの自然災害にさえ遭遇しなければ、家は長持ちし耐久性は優れていたのです。

近年、古民家再生が静かなブームですが、再生できるのは戦前建てられたこうした風通しのいい家で、その多くは吟味された木材を使い、構造がしっかりした家だけです。

しかし、オイルショック以降、続いているこの国の家づくりは、壁の中に断熱材を押し込み、アルミサッシを使い、中途半端な断熱化と気密化が進む中、家の通気性は損なわれ、冷暖房だけが普及してきたのです。

特に、冬の暖房は石油ファンヒーターを使うご家庭もまだ多く、冬に結露する家が、ごく普通にみられます。

さらに、エアコンも普及と温暖化の影響もあり、過度な冷房による夏の逆転結露が業界内でも問題視されるようになってきました。

また、昔から換気といえば、窓開けが一般的で、換気扇といえば浴室やキッチン・トイレなどの局所換気だけでの家も多く、ライフスタイルの変化もあり、日中不在がちな状況の中、絶対的な換気量が不足している家庭も多いのです。

シックハウス法の制定以降、24時間換気の設置が義務化にはなりましたが、使用するしないは個人の判断ということもあり、寒さや電気代を気にして消している方も少なくありません。

その結果、室内と室外・暖房室と非暖房室との温度差が生じ、湿気や結露が、室内のみならず壁体内にも発生し、カビや腐朽菌によって、木材が腐れたり、蟻害によって日本の住宅は築30年ももたない家になっているのですが、これは、間違った家のつくりと暮らし方のミスマッチによって、引き起こされているといっても過言ではありません。

現在の新築住宅も、残念ながらこの傾向は続いており、名ばかりの長寿命住宅が次々と建てられているのが現状です。

現在の長期優良住宅制度にある、劣化対策として用いられているのは、防腐材や防蟻剤の使用で、維持管理にしても、定期的な点検とメンテナンスがベースで、湿気や内部結露対策は、ユーザー側の責任として、ほとんど講じられていないのです。

一方で、さらなる省エネ化が叫ばれ、見た目の断熱性能の強化や省エネ設備や太陽光再エネ設備の導入ばかりが叫ばれているのです。

しかしながら、湿気や結露に対しての根本的な対策は不十分で、今後、家の耐久性がどうなるのか非常に危惧している次第です。

私達の暮らしは、冷暖房があたり前となり、生活スタイルも一変しました。

空気清浄機は大分普及してきましたが、肝心な換気については、まだ関心が薄く、局所暖房や家干しや冬季の加湿によって、益々、結露が発生しやすくなり、年中、高湿度の状態に置かれ、カビや臭いに悩まされているご家庭も多いのではないでしょうか。

昔の様に寒ければ寒いなりの、暑ければ暑いなりの生活をおくり、換気さえ励行すれば、湿気や結露・カビなどの対処は、わりと簡単ですが、現実的には到底無理な話です。

今、求められているのは、現代の暮らしに合わせた家のつくりであり、ユーザー自身も、これまでの暮らし方を見直し、それぞれの工夫や改善も必要なのです。

工夫や改善というと難しそうですが、家の中の空気を綺麗な状態に保つための換気を励行し、家の中の湿度と温度のバリアをなくすようにすればいいだけです。

そして、大事なのがこうした室内環境にするためのエネルギーを最小限に抑える断熱性能の高い家にしなければならないのです。

性能が低ければ、光熱費の負担は大きく、人間誰もが節約意識がはたらくために、戸を閉め切り使う時だけ、いる部屋だけ暖める局所的な冷暖房や間欠冷暖房になってしまい、不快な温度差ばかりか湿気や結露は解消しないのです。

基本的に、暖房も冷房も換気や除湿も部屋単位ではなく、家全体で考え、温度差や湿度差・清浄さのバリアをなくすことが、これらの問題を解決する唯一の手段だという認識を造り手も住まい手も持つ必要があるのです。

多くの人が勘違いしているのが、通気や通風・換気と家の隙間がもたらす漏気の違いです。

特に、通気と隙間がもたらす漏気(すきま風)に関しては、似て非なるものですが、多くの方々が混同しているのです。

今でも、通気という概念は、建築関係の方にも一般のユーザーにも、根強く残っており、気密はそこそこでいいとか中気密で十分といった話を真顔でいう方も多く、高気密という言葉に拒否反応を持たれている方は少なくありません。

弊社が、床下に換気口を設けたり、小屋裏に排気ファンを設けるのは、床下から小屋裏までの空気層をつくり、構造内の風通しをよくさせるためで、こうした働きを「通気」と言います。

※ もちろん、冬は、寒くなるので通気機能をオフにして、通気させるのは春から秋の間で、梅雨時期も、湿気の侵入を避けるために閉鎖が基本です。

そして、窓開けや機械換気によって、室内に空気の流れをつくるのが通風であり、新鮮な空気を取り入れ、湿気や汚れた空気を外へ排出することが換気なのです。

一方で、家の隙間によって、足元をスースーさせるのが、隙間風ですが、これは、暖められた空気が煙突現象によって、建物上部へ上昇し、隙間から漏れた分の空気を、建物の床下や壁から、引っ張り込んでしまう隙間換気という現象です。

つまり、隙間風は隙間からの漏気によってもたらされるのです。

そして、家の隙間は、冬ばかりでなく、暑い夏にも熱せられた壁の中や小屋裏からも、熱気や湿気の侵入の原因になるので厄介な存在でもあるのです。

家を高気密にするということは、隙間によって生じる、壁の中での空気や湿気の移動をなくすことにあります。

そして、適切な換気を機能させるためにも、外の空気を取り入れる給気と汚れた空気を排気する、空気の入り口と出口を明確にする必要があり、家中に隙間があると計画どうりに換気の機能を果たさないのです。

※ ストローにつまようじで穴を開けると、ジュースなどが上手く吸い込めなくなったり、掃除機のホースに隙間があると吸い込みが悪くなるのと同じ理屈です。

漏気による隙間換気は、隙間の大きさと室内外の温度差や風の大小によって、大きく変わります。

隙間が大きければ大きいほど、家を暖かくすればするほど、外が寒ければ寒いほど、その量は多くなり、風が強ければさらにその量は増加します。

そして、厄介なのが、外と室内や部屋間の温度差が大きくなる冬は、隙間換気がはたらくのですが、温度差の少ない時期は、いくら隙間があっても漏気による空気の動きは、風が強く吹かない限り、ほとんど働かなくなるのです。

※ 夏の暑い日に、窓を開けても風がなければ空気が動かないのと同じ理屈です。

隙間による漏気は、冬には隙間風がどんどん入り込み、せっかく暖房で温めた空気を外に逃してしまい、省エネ性や快適性に悪影響を及ぼし、春から秋には空気が動かずいくら隙間があっても、空気は換気されずに汚れて、湿度も高くなっていくのです。

高気密・高断熱とは名ばかりの住宅が、未だに多い中、冬は隙間風に悩まされ、換気を消したり、足元が冷える住宅も多く、梅雨や夏場は、逆に換気不足と思われる住宅が非常に多いのです。

要するに、風が吹き、寒い冬の外で、セーターを着ても暖かくないのと同じで、いくら断熱材を厚くしても、気密が悪ければ、計算値通りの性能を発揮することはなく、省エネで温度差のない暮らしを実現するのは難しいのです。

そして、このような家で、家全体を冷暖房しようとすると、多額の光熱費がかかるために、結局はいるところだけ・使う部屋だけ暖める局所的な冷暖房を強いられてしまい、家の中や壁の中では、結露が発生し、カビやダニも繁殖し、木材も腐り、建物の耐久性が損なわれ、空気の汚れと温度差によって、人の健康まで脅かしてしまうのです。

つまり、気密や断熱が疎かな家で、家を暖めたり冷やしたりする限りは、従来から続く、負の連鎖は、いつまでも解消されないばかりか、中途半端に、断熱性能を強化した現代の住宅では、湿気や結露による経年劣化のスピードは、これまで以上に速まる危険性すらあり、住宅ローンの払い終える前に、その価値を失ってしまう可能性も十分あり得るということをリアルに考えなければならないのです。

快適で健康な暮らしを送るためには、温度差のない・きれいな空気の中で暮らすことが何より重要ですが、こうした暮らしを少ないエネルギーで叶えるためには、気密と断熱が両輪であり、適切な冷暖房や換気も必要で、家を長持ちさせるには、構造の通気性も重要なポイントなのです。

こうした、気密性と通気性というある意味相反する性能を合わせ持っているのが、外断熱と二重通気の技術を組み合わせて誕生したソーラーサーキットの家で、換気によって、家の中の空気は常に新鮮に保ち、寒い冬には閉鎖し、春から秋には解放することによって、冬はもちろん、夏も省エネ性を高め、構造躯体にも、通気性をもたせることで、人と建物の健康をいつまでも守る日本の気候風土に適した理想の住いと言えるのです。




お気軽にお問い合わせ下さい

2018.07.05:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,338,959pv (2012.11.12〜) Today 2,707pv Yesterday 3,098pv Contents 12,419pages