記事詳細ページ

自分が木になったつもりで考える?

自分が木になったつもりで考える?:画像

熱の移動は、目に見えないので、その伝わり方もわかりづらいのですが、基本的に、伝導・対流・輻射によって伝わり、温度の高い所から低い所へ移動します。

つまり、家での熱の伝わり方を考えれば、時間帯にもよりますが、そのほとんどは、冬は寒い外へ、移動し、逆に夏は暑い外から室内へ移動するのです。

よって、省エネ性や快適性を高めるには、冬季間は、外へ逃げる熱損失量を減らし、夏季は、外からの室内への熱侵入を抑えることが必要となります。

そして、壁体内や室内への水蒸気の出入りを抑えることで、内部結露も抑制することが出来るのです。

ソーラーサーキットの家は、構造の外側で、連続した断熱工事と気密化が図れることで、柱や金物部の熱橋(ヒートブリッジ)による影響を抑え、冬の断熱性とともに、夏の遮熱性能も確実に発揮し、高い気密性能によって、水蒸気や空気の出入りを抑えることが出来るのです。



この時期、エアコンをつけても冷えないとか、適温になって消すとすぐ暑くなるという声を良く聞きますが、原因の多くは、壁や小屋裏の熱ごもりによる輻射熱の影響によるものです。



日射熱の影響を受けやすい内断熱の壁の中や小屋裏・構造材の温度を想像して頂きたいのです。

太陽の日射熱を受けた外壁材や屋根材の裏側は、ゆうに50℃を超えてしまい、その熱が柱や断熱材に伝わり室内へ移動し、熱も自ずと蓄えられてしまい、壁面の表面温度も上がることで、体感温度も高くなるというわけです。





ソーラーサーキットの家では、構造の外側で断熱と気密工事を実施するので、構造材も熱橋にはならず、壁や小屋裏の温度上昇を大幅に抑制します。

しかし、多少の温度上昇は必然ですので、インナーサーキット(内部通気層)の働きと暖かい空気の上昇気流により、小屋裏へ集め、専用の排気ファンによって、外部へ排出させます。

そうすると、壁体内に負圧が生じて、床下の24℃〜25℃という涼しい空気を引っぱる作用が生まれるのです。

ようするに、外断熱でしっかり遮熱し、内部の通気層によって、壁の中の温度上昇を抑え、室内への熱の侵入も防ぎ、地熱による冷やされた空気の力で排熱し、建物そのものを冷ましてくれるという効果も生れるのです。

その結果、内壁や天井面の表面温度も、室内同様の温度となり、冷房の設定温度も27℃〜28℃で十分になり、省エネ性も発揮するのです。



よく木は生き物といわれますが、ご自身が木になったつもりで考えていただきたいのです。

真夏日に40℃〜50℃にもなり、周りに断熱材に囲まれた木と、28℃〜30℃と一定の温度を保ち断熱材もなく、通気された木であれば、どちらを選ぶでしょう?

住まいにとっても、住む人にとっても、冬と夏の環境を両立させることが、省エネで快適に健康に暮らすための重要なポイントなのです。





お気軽にお問い合わせ下さい

2018.08.08:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,678,387pv (2012.11.12〜) Today 762pv Yesterday 2,777pv Contents 12,744pages