記事詳細ページ

肌寒い時は、ほっこり暖かく感じる家

先週とは、打って変わり日曜日から大分気温が低下し、梅雨寒のような日が3日ほど続きました。

朝晩の気温が18℃位になると、普通の家では室温も下がり、寒くて毛布を出したり風邪をひいたりした方もいらっしゃったのではないでしょうか。

よく、弊社のオーナー様から大東さんの家は、暑い時は涼しく感じ、寒い時は暖かく感じる不思議な家ですね。と言われますが、これこそが断熱性と通気性を両立させた外断熱の家の特徴でもあります。

画像は、最低気温が17℃になった月曜日の朝と夜のダイニングの室温ですが、変わりなくトイレも一定です。

※ エアコンは日曜日からオフにしています。








気密性や断熱性の高い住宅の場合でも、暖かいのは、同じですが、暑い時に涼しくするにはエアコンに頼らざるをえないのです。

エアコンに頼りすぎずに、暑さ・寒さを感じない快適な室内環境を実現するのが、ソーラーサーキットの家であり、外断熱の家なのです。

お気軽にお問い合わせ下さい

2018.08.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,474,401pv (2012.11.12〜) Today 1,567pv Yesterday 3,030pv Contents 12,541pages