記事詳細ページ

雨漏りに注意

雨漏りに注意:画像

新築住宅への10年間の瑕疵保険が義務化されちょうど10年となりましたが、相変わらず多い事故が、屋根やバルコニー・外壁やサッシ周りからの雨漏りです。

特に、近年、軒のない住宅が増え、台風やゲリラ豪雨も多いので、新築でも外壁やサッシからの雨漏りが増加傾向にあるようです。

10年間は保険が適用されますが、その後は基本的には自己責任です。

弊社の場合は、例え軒なし住宅であっても、構造全体の外側で、湿気や水に強い発泡ポリスチレン断熱材を施工し、レベルの高い気密工事によって、高い防水性が実現します。

そして、雨漏りか内部結露か判断が難しいケースもあるようですが、内部結露は居住者の生活にも起因するので、保険対象外となります。

メーカーの選定にはくれぐれもご注意ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

2018.11.08:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 13,807,289pv (2012.11.12〜) Today 2,597pv Yesterday 4,193pv Contents 12,871pages