記事詳細ページ

勉強会

 弊社では月2回、住まいと環境 東北ホーラムハウスビルダー部会主催の「健康・ゼロエネを設計・建設するための連続講座」〜いまさら聞けない?住まいの科学〜
という勉強会に建築部より4名参加させて頂いております。

 毎回、各分野の著名な方々の専門的な話を聞くたびに、改めて考えさせられる事が多い事に、気付かされています。

 第5回の今回は、換気についての講義でしたが、湿度について興味深い資料がありましたので紹介します。



 よく、「室内の湿度は何%以内に抑えることが大事ですよ〜」ってお話すると思いますが、それがなぜかを解かりやすく説明できますか?
 こんなこと書いてる私も、何とな〜く「カビ生えにくいんですよ。」とか「体調崩しにくいですよ。」くらいでの説明がほとんどかなと思います。

 資料見て頂くと、何となく当たってはいるみたいですが、湿度が高いとダニ・カビ・ウイルスのリスクが高くなり、湿度が低いと呼吸疾患・アレルギー・オゾンのリスクが高くなります。(バクテリア・ウイルスも高くなります。)

どちらにもリスクが低いのが、快適ゾーンと言われる相対湿度40%から60%
という事が分かると思います。

 参考にして頂ければ幸いです。

(*資料のASHRAEとは、アメリカ暖房冷凍空調学会の略で、そこで発表された資料を掲載しました。)

 
 

2018.11.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
米畑 哲也 (ヨネハタ テツヤ):画像

米畑 哲也 (ヨネハタ テツヤ)

大東住宅株式会社/米畑哲也□部署名  建築部・工事課□役職   工事課..

Access 13,807,445pv (2012.11.12〜) Today 2,753pv Yesterday 4,193pv Contents 12,871pages