記事詳細ページ

トイレも脱衣場も寝室もオープンな暮らし

トイレも脱衣場も寝室もオープンな暮らし:画像

私の家に来たことがある方や「外断熱が家族を守る」を読んだ方がご存知だと思いますが、私の家では、トイレの戸はいつも開放しています。

弊社では、私の家に限らず、部屋間の温度差をなくすために、出来るだけオープンな暮らしを推奨しておりますが、トイレの扉も、使うときだけ閉めて、使わない時はオープンにというのが基本スタイルです。

プランの構成上、ドアになってしまう場合も多々ありますが、開放したままにしやすいように、引き戸を出来るだけ提案しているのもそうした理由です。

暖房のあるリビングなどもオープンにすることで、廊下や洗面・トイレといった非暖房室との温度差は、2℃〜3℃以内に収まり、寒さのストレスも無ければ、ヒートショックのリスクも激減するのです。

寝室や子供部屋などの扉も、プライバシー上、必要な時以外は、常時オープンにしておりますが、空気の流れを良くして、換気をスムーズに働かせると共に、温度や湿度を一定にするための暮らし方とも言えます。

しかし、小さなエネルギーで、空気のバリアフリーという環境を実現するには、気密と断熱性能が備わった外断熱の家だからこそ可能であって、気密や断熱が悪いと暖房費が嵩むために現実的ではありません。

開放的な暮らしは、家族のコミュニケーションにも繋がり、笑いの絶えない明るい家庭を築くためにも重要なことではないでしょうか。

そして、冬になり、寒い部屋があると使わなくなったり、行くのがおっくうになったりして、折角のスペースが無駄になっている家も少なくありませんが、家中の温度差の少ない快適な家は、どの部屋も有効に活用でき、広々とした解放感のある暮らしを送れるのです。

※ 開放的な暮らしに慣れてくると、トイレの戸も開けっぱのままになる方もいるようですが、年頃の女の子がいると嫌われるのでお気をつけください。また他人の家でリビングやトイレの戸をアケッパにして、行儀が悪いと思われる場合もあるようなので、くれぐれもご注意ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

2019.03.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 14,682,935pv (2012.11.12〜) Today 512pv Yesterday 4,740pv Contents 13,589pages