記事詳細ページ

60代以降の寝室は、つながりのある夫婦別室が最適

60代以降の寝室は、つながりのある夫婦別室が最適:画像

70代のご夫婦が暮らす平屋の住まいです。

S様ご夫婦は、とても仲がいいのですが、ご主人のいびき・それぞれの就寝時間や夜間のトイレなどの問題もありぐっすり眠れないという悩みを抱えてらっしゃいました。

また、奥様は、冷え症がひどく、食事やサプリ・ヨガや入浴法・寝具や暖房など色々試したものの、よくなるのは一時で、風邪や胃腸の病気や頭痛や肩こり・倦怠感など様々な症状に悩まされていたのです。

そんなS様でしたが、一日の大半を過ごす家の環境を変えるのが、一番の早道になるのではとの考えに至り、老後を出来るだけ快適な住まいで暮らしたいとの想いで、終の住いとして、ソーラーサーキットの家での建替えをご決断いただきました。

そして、健康の源は良質な睡眠環境の確保ということから、今回、ご提案させていただいたのが、お互いの気配を感じつつも、それぞれ独立したスペースでありながらも、つながりのある夫婦別の寝室です。

手前が、奥様の寝室で奥がご主人の寝室となり、真ん中に、共用のウォークインクローゼットを設けてますが、プライバシーは保ちつつも、お互いの気配は感じとれる様にしています。

現在、お二人ともお元気ですが、寝室から、浴室や洗面トイレもつながっているので、将来、介護が必要になっても、介護を受ける方もする方も、あるいはヘルパーさんも出来るだけ負担のかからない間取りになっています。

まだ手摺はいらないということで、部屋にはつけませんでしたが、いつでもつけられるように壁もしっかり補強しています。

人生100年時代が現実になってきている中で、健康寿命を延ばすことは非常に大事ですが、将来の介護を見据えた住まいもリアルに考えなくてはなりません。

長生きして年金をたくさんもらうことと、その年金を医療や介護で出来るだけ使わないようにできれば、家の費用は5.6年で元が取れるので、老後を健康で豊かに暮らすための自己投資だよとご主人は話します。

そして、驚いたのが光熱費の安さで、年間にすると15万円以上安くなったそうで、20年で300万円も違うことを考えるともの凄いことで、しかも安くなったうえに以前のような寒さや暑さに悩まずに快適になり健康に暮らせるのだから、一石三鳥以上だね。と喜んでいただきました。

寒さや暑さ・湿気や臭い・そして光熱費にも悩まないストレスフリーの暮らしは、シニア世代の方々にとって、豊かなセカンドステージを送るためにも非常に重要です。

このような寝室にしたことで、奥様の冷え症も大分改善し、ご夫婦ともにぐっすり眠れるようになり、体調もとてもよくなり風邪ひとつひかなくなったと大満足のようで、遊びに来るお友達や親戚から、羨ましがられているそうです。

シニア世代の建て替えや住み替えは、何より健康を重視した家の性能と将来の介護を見据えた設計も非常に重要ですので参考にしていただければ幸いです。


お気軽にお問い合わせ下さい

2019.03.18:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 14,300,525pv (2012.11.12〜) Today 1,642pv Yesterday 8,336pv Contents 13,334pages