記事詳細ページ

除草剤に2200億円の賠償評決

日本でシェアNO1のラウンドアップ除草剤に、またもや多額の賠償判決が下ったようです。

去年の8月から、これで3件目の評決となりますが、アメリカだけで、同様の訴訟が、千件単位で起きているようです。

雑草の根が一瞬で枯れるCMをよく見ますが、未だに国内ではホームセンターやドラッグストア・JAでも堂々と販売されています。

世界では、使用禁止や厳しい規制が相次いでいますが、日本では何ら規制されていないのが現状で、安全だという言葉を鵜呑みにして使用しているユーザーが大半です。

ミツバチの激減問題や神経毒として人にも影響するのでは?と、危険視している科学者や医師は、数多くいらっしゃいます。

使用する本人はもちろん、周辺の住民の健康や環境にも悪影響を及ぼしますので、安易な使用は、控えていただければ幸いです。

モンサント除草剤でがんに、加州陪審が2200億円の補償命じる

お気軽にお問い合わせ下さい

2019.05.17:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 14,708,407pv (2012.11.12〜) Today 9,319pv Yesterday 4,519pv Contents 13,608pages