記事詳細ページ

外よりも室内が爽やかな大東の家

外よりも室内が爽やかな大東の家:画像

まだ本格的な梅雨は先ですが、外の湿度と室内湿度の関係について紹介したいと思います。

よくお客様から、大東さんの家は、外が暑い時は涼しく、寒い時は暖かく、湿気っぽい時はカラットと感じる不思議な家ですね〜と言われます。

画像は、梅雨寒の一日となった、昨日の我が家の朝の外の温湿計ですが、16.8℃で80%になっています。

上の表を見て頂きたいのですが、17℃の場合に含むことのできる水蒸気の量(飽和水蒸気量)は、空気1立米あたり14.5グラムとなっています。

つまり、1立米(1m×1m×1mの立方体)の空気中に、14.5グラムの水蒸気が含まれると、相対湿度は100%になりますので、湿度が80%ということは、14.5×0.8=11.6グラムの水蒸気を含んだ空気ということになります。



一方で、室内の温湿度は、21℃で50%台となっており、寒さも湿気も感じず快適な環境です。(もちろんエアコンは不使用です)

表をみると21℃の場合の飽和水蒸気量は、18.3グラムとなっています。

表をみていただければ分かるように、温度が高くなるにつれて、空気中に含むことの出来る水蒸気量も大きくなり、湿度は、おのずと下がってくるのです。

それでは、室内の空気中に、実際含んでいる水蒸気の量(絶対湿度)を計算してみましょう。

温湿計の値がまちまちなので、21℃の55%で計算すると、飽和水蒸気が、18.3グラムですので、湿度が55%の場合の室内の水蒸気量は、18.3×0.55=10.07グラムとなります。

つまり、外の水蒸気量が11.6グラムですが、室内が10.07グラムとなっており、室内の方が水蒸気量は少ないというわけです。

ご理解いただきたいのが、本来は外の空気を換気で取り入れ、かつ炊事や洗濯・人の呼吸や汗により水蒸気も発生するので、おのずと外の空気中よりも、室内の方が水蒸気量が多くなるのが、一般的で、同じ室温だとしても湿度は70%を超えると思います。

しかし、弊社の外断熱の家は、計画換気によって、2時間に1回の割合で、室内で発生する水蒸気とともに、外部へ排出されます。

さらに床や壁・天井などの内装材や構造材にも、多少吸湿されるので、逆に少なくなるのです。

寒さや暑さもさることながら、梅雨のじめじめ感がないのが、外断熱の家の大きなメリットでもあるのですが、家の湿度を、60%前後に心掛けると、カビやダニの繁殖は大分抑えられます。

もう少し、じめじめするようになりましたら、換気にくわえ、適度な除湿を心がけていただき、これからの季節を健やかにお過ごし下さい。

※ 温・湿度計は、結構誤差がありますので、ご購入の際は、何個か並べて真ん中位の数値のをお買い求めください。

お気軽にお問い合わせ下さい

2019.06.13:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 15,687,161pv (2012.11.12〜) Today 3,229pv Yesterday 5,146pv Contents 10,740pages