記事詳細ページ

大東住宅は屋根も外断熱

大東住宅は屋根も外断熱:画像

弊社では、基礎や壁だけでなく、屋根の断熱も外断熱にしています。

屋根の垂木も野地板も二重施工をしていますが、これは、小屋裏を暑くならずに有効活用したり、屋根裏の結露を防止するために、必要な工事であり20年以上前から行っている断熱方法です。





難点は、工期が多少かかるということと、コストの上昇で、1件の家で2件分の屋根組の施工をしているのと同じですので、坪当たりにすると屋根断熱分で、坪当たり約3万円程アップします。

しかし、新築で、小屋裏利用を検討中の方は、屋根は外断熱にしないと、夏はサウナ状態となるばかりか、暖房や冷房によって、内部結露の危険性が高まりますので、ご注意ください。



目に見えないところに、手間をかけることによって、住む人と建物の健康をいつまでも守るのが、大東住宅の外断熱の家ですのでよろしくお願いいたします。

2019.07.13:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
熊谷 昌則 (クマガイ マサノリ):画像

熊谷 昌則 (クマガイ マサノリ)

違いのわかる家をご提案したいとおもっています。  ソーラーサーキットの..

Access 15,372,607pv (2012.11.12〜) Today 2,340pv Yesterday 6,223pv Contents 10,632pages