記事詳細ページ

3種換気のメリットは安さだけ

シックハウス法により、2003年以降の新築住宅には、原則24時間換気の設置が義務化されていますが、使用は個人の自由になっています。

住宅の換気には、主に第一種換気と第三種換気がありますが、コストの兼ね合いによっで、いまだに三種換気が主流になっています。

三種換気は、低コストがメリットで、機械によって排気しますが、給気は排気する分の空気を自然に取り入れます。

自然というと聞こえはいいですが、冬は外の冷たい空気を、夏は暑く湿った空気をダイレクトに取り込むために、不快な寒さや暑さ、湿気や臭いで、不快な環境となるばかりか、冷暖房効率の低下を招きます。





その結果、換気を消してしまうユーザーが後をたたないのが現状で、空気の淀みや汚れによって、健康にも家計にも様々な悪影響をもたらします。

キレイな空気は健康の源です。

初期投資はプラスかもしれませんが、後々のことを考えれば、はるかにメリットが大きいので、新築の際には、依頼先に確認の上、熱交換式の第一種換気の採用をオススメします。

お気軽にお問い合わせ下さい

2019.08.16:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 15,890,097pv (2012.11.12〜) Today 5,428pv Yesterday 7,100pv Contents 10,497pages