記事詳細ページ

多賀城市T様邸埋蔵文化財試掘

多賀城市T様邸埋蔵文化財試掘:画像

現在多賀城市T様邸で埋蔵文化財の試掘調査を実施している風景です。

写真は2層目の地層で、奈良・平安時代の跡が発見されている風景です。



現在から約1,000年以上位前の跡と説明されました。

穴は、当時の井戸跡と推測され、縦横のラインは当時田んぼ・畑の位置を表しているとの説明です。

当時の井戸は、あまり水が湧き出てこない感じに見受けられるようです。

土の色が赤い方が砂質層で、黒い方が粘土層のようです。

2層目の深さは、調査前に説明をお聞きした深さで現状の道路から、

約80〜100cm程の位置になっています。

今後の試掘深さについてどこまで試掘するかは、検討するようです。

私も非常に勉強になりました。

2019.09.05:[現場レポート集]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
加藤 浩:画像

DAITO外断熱現場レポート多賀城市T様邸

大東住宅(株)多賀城市T様邸の工事進捗状況をレポートしていきます。現場..

Access 15,692,473pv (2012.11.12〜) Today 3,753pv Yesterday 4,790pv Contents 10,742pages