記事詳細ページ

一番の幸せは健康

家づくりの目的は何でしょう。

家が狭いから・古いから・子どもが大きくなったからというのは、目的ではなく動機であり、家づくりの最大の目的は、やはり家族の幸せを実現することにあるのではないでしょうか。

そして、家族の幸せの源は何かといえば、日々健康に暮らすことが何より大事なことではないかと、私は思っています。

人は、誰でも病気になって寝込んだりすると、健康が一番と痛感するものですが、日々の暮らしの中で、どうしても忘れがちなのも健康です。

この健康という誰もが願う、一見当たり前のことをどこか忘れてしまい、予算や間取り・デザインや広さ・設備や素材といった部分を優先した家づくりを進めてしまっているユーザーが少なくありません。

予算や間取り・デザインなども、重要ですが、これらを満足させても、健康を左右する住み心地が悪いと、後々、様々なストレスや我慢を強いられ、結局は後悔するケースが多いのです。

家の寒さ・暑さ・湿気は、体の丈夫な若いうちはさほど問題はありませんが、空気の汚れや部屋間の温度差は、徐々に身体の負担となり、年齢を重ねるにつれ、その影響は大きくなってくるのです。

また、免疫機能が発達していない乳幼児や小さなお子さんに与える空気と温熱の影響は、大人の何倍も大きいということを、真剣に考えて欲しいのです。

私達は、寝不足や疲れなどから、よく体調を崩したりしますが、きれいな空気と温度差のない家に暮らし、ぐっすり眠ることで、心身の疲れをいやし、自ずと免疫力も上がり、健康を守ってくれるのです。

家を計画している方に、お伝えしたいのは、家づくりの一番の目的は家族の健康を守るということであり、その目的を叶えるには、家づくりの優先順位を間違いないことです。

何より優先しなければならないのは、その家の住み心地であり、人と建物の健康を守るための、空気環境と温熱環境で、見た目や広さ・価格はその次です。

家づくりの目的は家族の幸せづくりということを念頭においた、家づくりを進めることが大事で、この順序さえ間違えなければ、家づくりの成功にぐっと近づきますので、是非、ご理解いただきたいと切に願います。


お気軽にお問い合わせ下さい

2019.09.09:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 15,372,611pv (2012.11.12〜) Today 2,344pv Yesterday 6,223pv Contents 10,632pages