記事詳細ページ

暖かい家が寿命を延ばす

暖かい家が寿命を延ばす:画像

世の中には、無責任なことやいい加減なことを書いてある本も多々ありますが、週刊文春が発行した画像の本には、住まいの環境について、バランスよくまとめられています。

病を予防し、健康に暮らすには、キレイな空気と温度差の少ない住まいの中で、グッスリ眠ることが重要ですが、暖かい家で暮らすことで、認知症の予防や学習効率にも好影響を与えるということも分かってきています。

未だに、あまり快適だとボケてしまうとか、抵抗力がなくなるというような時代錯誤の話をする建築士の方も少なくありませんが、冷暖房を最小限にしつつ、部屋間の温度差をなくすことは、健康にとってとても重要です。

特に、良質な睡眠の確保は重要です。

風邪やインフルエンザを発症するのも、ガン細胞が増殖するのも、体温が下がる睡眠中と言われています。

寒い冬でも、寝室が18℃以上あると薄手のパジャマと羽毛布団一枚で朝までぐっすり眠れます。

色々と参考になる話が、詰まった一冊ですのでご興味のある方は是非読んでみて下さい。

会社にも、何冊かございますので一声かけていただければお貸ししますのでよろしくお願いいたします。

お気軽にお問い合わせ下さい

2019.11.02:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 15,723,957pv (2012.11.12〜) Today 3,616pv Yesterday 5,313pv Contents 10,748pages