記事詳細ページ

気のパワーを存分にいかす!

「病は気から」とよく言われますが、気の持ちようというのが一般的な考えです。

もちろん、気の持ちようも大事ですが、実はもっと深〜い意味があるのです。

水も流れも滞ると澱んできますが、室内の気(空気)も、体内の気も同様で、滞ってしまうと、病気を引き起こす要因になります。

ナイチンゲールも、「看護覚え書」の中で、空気が澱んだ家は病気の保証付きと説いています。

外の新鮮な空気を取り入れ、室内の空気の巡りを良くすることが、家相や風水の基本ですが、体内においても気の巡りは重要です。

ヨガや太極拳や瞑想も、心を静めて、姿勢を正して、深呼吸することから始まります。

人間の血管の長さは、毛細血管を含めると10万キロと言われ、何と地球2周分に匹敵する長さだと言われています。

身体の隅々まで、血液と酸素を巡らすことで、体温が上がり、代謝も免疫も向上し、老廃物も排出してくれるのです。

認知症の患者さんも増えています。様々な要因があるかと思いますが、脳に十分な血液や酸素がいきわたってないから、起こるとも言われており、血流を抑える薬は、逆効果だという医師もたくさんいらっしゃいます。

気の原語は氣と書きますが、紀元前の中国最古の医学書の中にも「百病は氣に生ず」とあるそうです。

気のエネルギーを家と体内に巡らせることで、精気がみなぎり、米の字の如く、気のパワーが四方八方に放たれ、病を寄せ付けない健全な心と身体が宿るというのが、東洋医学の教えです。

住む人も構造体も、通気性に富みキレイな空気に満たされるソーラーサーキットの家は、気のパワーを存分に発揮できる住まいです。

オープンな暮らしと整理整頓を心がけ、室内と構造体の中にも、気の流れをつくり健やかにお過ごしください。


お気軽にお問い合わせ下さい

2019.11.23:[スタッフレポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

大東住宅株式会社/高橋一夫  □ 役職  代表取締役社長 ..

Access 15,867,935pv (2012.11.12〜) Today 1,393pv Yesterday 5,055pv Contents 10,494pages