メンバー詳細ページ

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

大東住宅株式会社/高橋一夫

 □ 役職  代表取締役社長

 □ 氏名  高橋 一夫

 □ 生年  昭和39年9月 (A型)

 □ 出身地 仙台市青葉区川内-仙台商業・仙台二校OBの方なら必ず分かる定進堂(パン屋)が生家です。現在は仙台市泉区野村(現仙台商業近く)に、8年前に建てた「ソーラーサーキットの家」に住んでおります。
 □ 家族構成 妻(同級生で結婚30年目)・義父母(81才・78才)・震災後室内犬となったパピー(雌)17才・娘が2人(28才・25才)おりましたが、東京と大阪の会社へ就職し、現在4人家族
   
 □ 趣味  読書・映画・温泉・ゴルフ・食べ歩き・将棋他

 □ 好きな言葉 意志あるところに道は開ける ・ 一期一会 

 私のプロフィルその 私のプロフィルその
 
【ご挨拶】

大東住宅社長の高橋と申します。

弊社は昭和56年の創業以来、「いつまでも強く・いつまでも快適に」をコンセプトに、住む人と建物の健康をいつまでも守り、50年後も資産として次の世代に引き継げる価値ある家造りに取り組んでいる地元の住宅会社です。

そして、外断熱の家造りを通して、小さなエネルギーで寒い冬も、暑い夏も快適に住まえる家・住む人にも建物にも環境にも優しい本物の健康住宅を提案させていただいております。

多くのお客様から「こたつや電気毛布が必要なくなった」「家族が風邪をひかなくなった」「血圧が下がり薬がいらなくなった」「暑くて寝苦しいという事がなくなった」「アトピー・喘息が良くなった」「炊事・洗濯・掃除など家事がとにかく楽になった」「光熱費が格段に下がった」等々、たくさんの喜びの声を頂戴しております。

今、住宅業界では、ZEH(ネット・ゼロエネルギーハウス)と称して太陽光や蓄電地の設備や見た目のコスト・効率を重視した家づくりが主流となっております。ZEHは弊社でも推進しており、否定する訳ではございませんが、家本来の性能を疎かにして、大容量の太陽光や蓄電池・HEMSなどの設備を優先させた家は、本来のZEHが求める姿ではなく、ZEHはあくまで断熱ファーストではなければならないのです。

弊社の推進するZEHは、出来るだけ小さな容量の太陽光で、我慢を強いることなく、ゼロエネルギーを目指しておりますが、名ばかりのZEHは、エネルギーの削減効果もまちまちで、住むほどに性能も満足度も低下する家も少なくありません。

一方、冬どの部屋に居ても暖かい家・梅雨時や暑い夏でも爽やかな家・綺麗な空気に満たされた住み心地のいい家で暮らすことは、心身共に健康な状態を保ち、暮らしの中での多くの不満やストレスを解消することで、笑顔の絶えない家族の誰もが幸せを実感できる家となります。

弊社では、ソーラーサーキットの家づくりを通して、寒さや暑さ・湿気や臭いに悩まないストレスフリーという未来基準の家づくりを目指しています。

そのためには、温度・湿度・清浄さという家中の空気のバリアをなくすことが必要不可欠であり、しかも省エネで実現しなければならないのです。

体感モデルハウスでは、建ててからでは見る事の出来ない小屋裏や床下の構造をオープンにして、なぜソーラーサーキットの家が「住む人と建物の健康をいつまでも守る家」なのかを実際に肌で感じていただける体感展示場になっております。

さらに建築中の現場や実際建てて頂いたお客様の家・そして築8年になる私の拙宅も随時ご案内させていただいており、宿泊可能なリアルサイズのモデルハウスもご用意させていただいております。

また、現代の家づくりの問題点と今後あるべき家づくりのあり方をまとめた「外断熱が家族を守る」という書籍を発行しました。

家に求められる要素は、多々ありますが、健康で快適な暮らしと家の長寿命化を実現するためには、温熱環境と空気環境が何より重要であり、この二つの性能を高め、維持するためには、気密・断熱・換気の性能が大きなポイントであり、目に見えない床下や壁の中・小屋裏の湿気や結露対策が重要なのです。

しかしながら、その重要性を理解していない造り手が多く、見た目のコストや設備を優先させた家が大半で、結果、ユーザーの皆さんも、知らない・知らされないまま家を求めてしまっているのが現実です。

マイホームは人生で一番大きな買い物であり、必ず成功させなければならず、「住みごこち」や「耐久性」に直結する肝心なポイントに対する確かな知識を持たなければ、心から満足できるマイホームにはたどり着くことはできません。

どちらのメーカーで建てるにしても、知っているのと知らないで建てるのでは、家づくりの成否がまるで変ってくる急所ともいえるポイントがつまっている書籍です。

家づくりの啓蒙本として、全国の図書館や学校・病院や公的機関にも寄贈させていただいております。

そして、将来、後悔することのないように、個別での住まい塾セミナーも開催させていただいております。

各自治体や企業・団体様からの出張セミナーにも、無料にて対応させていただいておりますので、どうぞお気軽にお申し付け下さい。

車でも電化製品でも医療や化学にしても、日本の技術は、トップランクですが、こと住宅性能においては、欧米と比べ30年も40年も遅れており、未だにこの傾向は変わりません。この国の家づくりのあり方を根本的に見直していくことこそが、現在抱える様々な社会問題を解決につながる大きな手段だと私は確信しています。

人は生まれてから亡くなるまで、実に半分以上は、家の中で暮らし、3分の1以上は寝室で眠っているのです。

日本で、健康の3大要素といえば、栄養と休養と運動が真っ先に挙げられ、最近では多くの方がストレスを溜めないのも大事だと叫ばれるようになりましたが、室内の空気と温熱環境をよくすることで、生活で生じる様々なストレスも解消できるのではないでしょうか。

ナイチンゲールは、空気の汚れと身体の冷えによって、病の半分は引き起こされると著書看護覚え書」の中で説いています。

これからも「家造りと共に信頼づくり」をモットーにお客様満足度日本一の住宅会社を目指し、本物の長寿命住宅の家造りに取り組んで参りますので、ご愛顧下さいます様お願い申し上げます。

※ パソコンも満足に使えないアナログな私ですが、お客様の家づくりに有意義となる情報をブログを通じて発信してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。またツイッターやフェースブックでは、プライベートな事なども投稿しておりますので、よろしければ、友達申請お待ちしております。

https://twitter.com/daitotaka

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006523035118


 

Access 13,896,298pv (2012.11.12〜) Today 1,433pv Yesterday 5,723pv Contents 12,964pages