メンバー詳細ページ

高橋 一夫 (タカハシ カズオ)

高橋 一夫 (タカハシ カズオ):画像

大東住宅株式会社/高橋一夫

 □ 役職  代表取締役社長

 □ 氏名  高橋 一夫

 □ 生年  昭和39年9月 (A型)

 □ 出身地 仙台市青葉区川内-仙台商業・仙台二校OBの方なら必ず分かる定進堂(パン屋)が生家です。ちなみに私は仙台育英学園を卒業し、現在は仙台市泉区野村(現仙台商業近く)
に7年前に建てた「ソーラーサーキットの家」に住んでおります。

 □ 家族構成 妻(同級生で結婚28年目)・娘2人(26才・23才)・義父母(80才・77才)
   
 □ 趣味  読書・映画・温泉・ゴルフ・食べ歩き・将棋他

 □ 好きな言葉 意志あるところに道は開ける ・ 一期一会 

 私のプロフィルその 私のプロフィルその
 
【ご挨拶】

大東住宅社長の高橋と申します。

弊社は昭和56年の創業以来、「いつまでも強く・いつまでも快適に」をコンセプトに50年後も価値ある家造りに取り組んでいる地元の住宅会社です。そして、外断熱の家造りを通して小さなエネルギーで寒い冬も、暑い夏も快適に住まえる家・住む人にも建物にも環境にも優しい健康住宅を提案させていただいております。
その結果、「こたつや電気毛布が必要なくなった」「家族が風邪をひかなくなった」「血圧が下がり薬がいらなくなった」「暑くて寝苦しいという事がなくなった」「アトピー・喘息が良くなった」「炊事・洗濯・掃除など家事がとにかく楽になった」「光熱費が格段に下がった」等々、たくさんの喜びの声を頂戴しております。

今、住宅業界では、スマートハウスと称して太陽光や蓄電地・HEMS等の設備や見た目のコスト・効率性を重視した家づくりが主流となっております。全てを否定する訳ではございませんが、家そのものの性能ではなく、こうしたことを優先させた家は、住むほどに満足度は薄れ、将来、不満や不安が生じ、ご家族の健康までも害することとなるのが現実です。

一方、冬どの部屋に居ても暖かい家・梅雨時や暑い夏でも爽やかな家・綺麗な空気に満たされた住み心地のいい家で暮らすことは、心身共に健康な状態を保ち、暮らしの中での多くの不満やストレスを解消することで、笑顔の絶えない家族の誰もが幸せを実感できる家となります。

弊社のモデルハウスでは、建ててからでは見る事の出来ない小屋裏や床下の構造をオープンにして、なぜ私達の造る家が「住む人と建物の健康をいつまでも守る家」なのかを実際に肌で感じていただける体感展示場になっております。

さらに建築中の現場や実際建てて頂いたお客様の家・そして築7年になる私の拙宅も随時ご案内させていただいております。

これからも「家造りと共に信頼づくり」をモットーにお客様満足度日本一の住宅会社を目指し、本物の長寿命住宅の家造りに取り組んで参りますので、ご愛顧下さいます様お願い申し上げます。

※ アナログな私ですが、ブログも精一杯頑張って更新したいと思いますのでよろしくお願いいたします。またツイッターやフェースブックでは、プライベートな事なども投稿しておりますので、よろしければ、友達申請お待ちしております。

https://twitter.com/daitotaka

https://www.facebook.com/profile.php?id=100006523035118


 

Access 10,713,861pv (2012.11.12〜) Today 1,757pv Yesterday 7,186pv Contents 11,901pages